Name 名無し 16/04/09(土)01:08:08  No.422571

通信における名文・美文・怪文・奇文をほのぼのと楽しむスレ

① 「実際はそんなのなかった」などと言わずに「伝説込みで」味わいませう
② 名言スレではございませぬ


『我ニ追ヒツクグラマン無シ』

戦場の名言―指揮官たちの決断
田中 恒夫 熊代 将起 葛原 和三 藤井 久
草思社
売り上げランキング: 481,372

無題
Name 名無し 16/04/09(土)05:45:07  No.422580
The World Wonders(全世界は知らんと欲す)

無題
Name 名無し 16/04/09(土)07:13:38  No.422582
本日天気晴朗ナレドモ波高シ

無題
Name 名無し 16/04/09(土)07:20:44  No.422583
「トラトラ、、トラや!」

無題
Name 名無し 16/04/09(土)07:38:10  No.422584 
ニイタカヤマノボレ

無題
Name 名無し 16/04/09(土)07:46:17  No.422585 
ワレアオバ

無題
Name 名無し 16/04/09(土)08:19:13  No.422590 
第58機動部隊は何処にありや?全世界は知らんと欲す

無題
Name 名無し 16/04/09(土)08:48:26  No.422596 
31ノットで航行中

アーレイバーグの日本に対するエピソードは胸を打たれる
戦後日本に赴任した時には公の場でも「ジャップ」「黄色い猿」と公言していた彼が埋葬される時に、本国はもちろん各国から送られた数々の勲章の内唯一身に着けることを望んだのは日本から送られた旭日大綬章だけだった

無題
Name 名無し 16/04/09(土)09:59:21  No.422608 
Nuts!

無題
Name 名無し 16/04/09(土)10:08:40  No.422609 
右翼は押されている
中央は崩壊しつつある
撤退は不可能

状況は最高なり
これより攻撃する

無題
Name 名無し 16/04/09(土)10:32:53  No.422612 
これは平和などではない。たかだか20年の停戦だ

・・・天才だ
あるいは予言者か

無題
Name 名無し 16/04/09(土)10:37:58  No.422614 
資本主義の欠点は、

幸運を不平等に分配してしまうことだ。

社会主義の長所は、

不幸を平等に分配することだ。

無題
Name 名無し 16/04/09(土)12:05:07  No.422632
>『我ニ追ヒツクグラマン無シ』
「余計な電波発信すんな」って怒られた

無題
Name 名無し 16/04/09(土)12:07:17  No.422633 
「我、原子力にて航行中」
「ノーチラス、北90度」

無題
Name 名無し 16/04/09(土)13:00:56  No.422642
カナダ  「衝突の危険あり、貴艦の針路を15度南に変更されたし」
アメリカ 「衝突の恐れあり、そちらの針路を15度北に変更されよ」
カナダ  「出来ない。衝突の恐れあり、 そちらの針路を15度南へ変更せよ」
アメリカ 「こちらアメリカ海軍の軍艦の艦長である。もう一度繰り返す。そちらの針路を変更せよ」
カナダ  「NO、それは不可能だ。もう一度繰り返す、貴艦の針路を変更せよ」
アメリカ 「こちらはアメリカ海軍太平洋艦隊最大級の航空母艦エンタープライズである。 我々は駆逐艦八隻、巡洋艦四隻と多数の艦船を従えている。我々はそちらの針路を 15度北に変更するよう要求する。もう一度繰り返す。そちらが15度北に変進せよ。 我々の要求が容れられなければ、艦の安全のために対抗措置をとる用意がある」
カナダ  「エンタープライズ、こちら灯台である、どうぞ」

無題
Name 名無し 16/04/09(土)13:14:48  No.422643 
「来た、見た、勝った」

無題
Name 名無し 16/04/09(土)20:13:07  No.422696
>「来た、見た、勝った」
カエサル:しまった、遠征が長すぎて最初の頃のことなんて覚えてないよ。
てきとーに作文……いや、勝利のほか語ることは無いと美談風に……思い切って短くしよう。
韻を踏んで三語だ!

無題
Name 名無し 16/04/09(土)20:31:24  No.422698
ガリア戦記だと軍人らしい簡潔に詳細を伝える名文のイメージだから
「来た、見た、勝った」
はどちらかというと選挙対策な感じ

無題
Name 名無し 16/04/09(土)14:56:28  No.422654
賽は投げられた

無題
Name 名無し 16/04/09(土)15:04:17  No.422655
宮崎 繁三郎

今際の際、病床を訪れたかつての部下に
「敵中突破で分離した部隊を間違いなく掌握したか?」
と何度もうわ言を言ったという。
宮崎はペグー山系からの敵中脱出時に多くの部下を失ったことを気にかけていたのだった。

無題
Name 名無し 16/04/09(土)15:14:31  No.422656 
秋の日の ヴィオロンの ためいきの

ひたぶるに 身にしみて うら悲し

無題
Name 名無し 16/04/09(土)15:52:41  No.422661
「旅順港は丸見えであります!」

無題
Name 名無し 16/04/09(土)16:00:54  No.422662 
「地球は青かった」「私はカモメ」

どちらも出典が怪しいのは
逆に冷戦という時代を象徴しているようにも映る。

無題
Name 名無し 16/04/09(土)16:24:11  No.422665 
沖縄県民斯ク戦ヘリ
県民ニ対シ後世特別ノ御高配ヲ賜ランコトヲ

無題
Name 名無し 16/04/09(土)16:48:10  No.422668
正:何処にありや?何処にありや?全世界は知らんと欲す

「二回繰り返す文言以降は難読化ダミー」
ルールも一緒に味わいましょう

無題
Name 名無し 16/04/09(土)18:23:49  No.422679 
IJNの特務大尉だった近藤太さんと言う方の「海軍特務大尉の記録」なる手記にある話だそうなんですが、氏が第4戦隊(鳥海・愛宕・高雄・摩耶)旗艦の「鳥海」乗り組みだった際、ある演習で各艦の動きっぷりを見ていた参謀長サンが、よほど腹に据えかねる事が有ったのか、隊内無線電話係の水兵さんを捉まえると
「オイ、高雄の艦長馬鹿と言え」
…と命じたんだそうでw
そして水兵さんが戸惑っているとみるや、自ら送話器を取ると
「高雄の艦長馬鹿、高雄の艦長馬鹿」と連呼したそうでして、「高雄」の艦長サンからすれば、

「旗艦鳥海より電話が入りました。

『高雄の艦長馬鹿、高雄の艦長馬鹿』」

…とか、溜まったものじゃなかったでしょうなコレ…w

無題
Name 名無し 16/04/09(土)19:21:35  No.422687 
師団長不在の際、ドイツ軍によって完全包囲された101空挺師団を指揮、救援到着まで持ちこたえた司令官アンソニー・マコーリフ。 ドイツ軍の降伏勧告に対し「Nuts!(バカが!)」と返答したことで有名。

無題
Name 名無し 16/04/09(土)19:56:25  No.422691
「船が七分に、海が三分! 船が七分に海が三分だ! 」

無題
Name 名無し 16/04/09(土)20:51:22  No.422701
ト・ト・ト・ツーーーーー

無題
Name 名無し 16/04/09(土)21:34:00  No.422702 
八雲乗り組みのT中尉、5ヶ月に及ぶ航海から横須賀に帰投途中
最終寄港地から婚約者に電報
「○日○時横須賀入港の予定」
それを受けた婚約者さん返電
「マアウレシイ」
横須賀港務部が規則に則ってこの電報を手旗信号で八雲のT中尉に送ろうとするが、八雲は遠いブイ繋留
途中にいる数艦に中継を依頼する
「宛、八雲T中尉。本文、マアウレシイ。ヲワリ」
数艦を中継され婚約者からの「マアウレシイ」は無事にT中尉に届きました
その後しばらくT中尉のあだ名が「マアウレシイ」となりましたとさ

無題
Name 名無し 16/04/09(土)21:48:52  No.422707
We got a Blackhawk down, We got a Blackhawk down

無題
Name 名無し 16/04/09(土)22:16:53  No.422709
"I have not yet begun to fight!"(戦いはこれからだ)John Paul Jonesジョン・ポール・ジョーンズ
旗旒信号だったのか手旗か
はたまたメガホン使って肉声で答えたのか…

無題
Name 名無し 16/04/09(土)22:20:30  No.422711
「皆に呼びかける。これは我々の永遠の沈黙の前に発する、最後の叫びだ。」

無題
Name 名無し 16/04/09(土)23:43:22  No.422720
「敵艦見ユ」

無題
Name 名無し 16/04/10(日)09:21:38  No.422760
「AF」では水が不足しているらしい

無題
Name 名無し 16/04/10(日)12:48:20  No.422778 
艦内号令も通信ならば
「非番直員女装用意」

無題
Name 名無し 16/04/10(日)14:56:28  No.422790 
WW2中のあるエゲレス駆逐艦の艦長さん、碇泊時に別の駆逐艦の横を指定され、艦を寄せたはいいものの操艦を誤って僚艦の舷側に接触、相手の短艇を損傷させてしまったんですが
そこは気心の知れた水雷屋同士、相手の艦長も笑って許してくれたんだとか

ところがそれから幾らも経たない内、やはり同じ艦の横に碇泊しようとした所
同じように接触してまたもや相手の短艇を破損、再び謝りにいったものの流石に

「今度はどちら側のボートかな?」

…とチクリとやられたそうな

無題
Name 名無し 16/04/10(日)14:58:02  No.422792 
その後ある作戦に参加、無事帰投したこの駆逐艦に司令部が指定した停泊場所と言うのがなんとまたまた同じ駆逐艦の横でして
内心ビクビクしながらも取りあえず僚艦に
「いずれの舷に横付けを望まるるや?」
と信号を送った所、
「しばらく待て」
との返答

見ていると僚艦の艦上ではゆっくり注意深く、両舷に舫っている短艇と内火艇を引き揚げ、ダビットに収納し始めまして、やがて艦の周りがさっぱりした所で信号をよこして曰く

「本艦左舷、衝突用意完成す」

無題
Name 名無し 16/04/10(日)17:06:28  No.422804
>そこは気心の知れた水雷屋同士、相手の艦長も笑って許してくれたんだとか
(´ω`)。○○(水上艦は多少のミスでは沈まないから気楽で良いね!

無題
Name 名無し 16/04/10(日)20:35:46  No.422833 
HMSヴィクトリア&HMSキャンパーダウン<せやな!

信号旗や電信・通信の発達は、よくも悪くも艦長や現場指揮官から、主体的な判断の余地を奪うんだな

無題 Name 名無し 16/04/10(日)15:54:09  No.422795
サクラ、サクラ、サクラ……

無題
Name 名無し 16/04/10(日)16:42:03  No.422799
通信じゃなくて立て看板だけど
「ペスト患者収容所」

無題
Name 名無し 16/04/10(日)16:57:49  No.422802
England expects that every man will do his duty
英国は各員がその義務を尽くすことを期待する

無題
Name 名無し 16/04/11(月)10:12:23  No.422891
>every man will do his duty
正確には

『England expects that everyone will do his duty』
(イギリスは、各員がその義務を果たすことを期待する)

だっけか

『皇国の興廃~』はZ旗だったが、こちらは合計12本の旗旒信号でもって示したという話

無題
Name 名無し 16/04/10(日)21:25:52  No.422837
輸送船団の護衛艦が潜水艦を見つけ威嚇射撃の上接近した
「ナニ故ニ軍艦旗ヲ掲ゲザルヤ」
「ワレ陸軍潜水艦ナリ」
 ・・・・・・・・・
「安全ナル航海ヲ祈ル」
「アリガトウ、武運長久ヲ祈ル」

無題
Name 名無し 16/04/10(日)21:34:36  No.422839
「チンタツサセニコイ」
艦隊勤務の夫から妻に宛てた電文
奥様が顔を赤らめるという旧海軍で有名なジョーク

無題
Name 名無し 16/04/10(日)21:57:15  No.422844 
フェーゲライン「総統やつらはけだものです!」

無題
Name 名無し 16/04/11(月)18:26:24  No.422915 
「やれやれ、あの雌豚もついにくたばったか。」(ラインハルト・ハイドリヒが暗殺された際に)

無題
Name 名無し 16/04/12(火)00:27:15  No.422962 
日露開戦直前の事、単縦陣で航行する巡洋艦高千穂・浪速・新高・浅間だが、先頭を進む高千穂が突然減速した。
間もなく高千穂から信号旗が揚がったので、旗艦浪速の信号担当将校がそれを読み上げた。
「ワレクジラヲツク」
浪速司令部は、貴様は何を言っておるのかと担当将校を怒鳴りつけたものの、何度見直しても信号機はその様に揚がっている。
そこで「クジラトハナニナルヤ」と高千穂に問いただすと、「クジラトハオオイナルサカナナリ」との返信。
戦隊は爆笑に包まれたと言う。

無題
Name 名無し 16/04/12(火)23:33:48  No.423053
ブレスト要塞で将校クラブに篭って徹底抗戦したソ連兵が壁に書きなぐった一文
「俺は死ぬ降服などするものか許せ祖国よ」

無題
Name 名無し 16/04/16(土)20:03:14  No.423550 
「わたしは三重に保証する!バグダードには米軍兵士は一人も存在しない!」

メディア向けに発された言葉、つまり不特定多数に向けた通信と解釈してもいいよね?
それにしても職務とはいえちょっと可哀想だった

無題
Name 名無し 16/04/16(土)21:27:13  No.423566
>それにしても職務とはいえちょっと可哀想だった
すでに米軍がバグダードに入城し、米軍の戦車が街を走り回っていて
恐らくフセインとも音信不通になってしまった中でのこの発言だったからな…

戦場の悲劇と喜劇は、まさしく紙一重なり

無題
Name 名無し 16/04/17(日)11:20:58  No.423630 
>戦場の悲劇と喜劇は、まさしく紙一重なり
スレ主さんのお題とはちょっと外れちゃうんですけれど
BOBの最中、エゲレス空軍で敵味方の無線傍受の任務に就いていた女性補助隊員さんの回想によると、ドーバー海峡上空に頻繁に表れる独軍偵察機パイロットがおりまして、陽気な喋りっぷりが顔見知り(?)の英国婦人方にも人気だったようなんですが、ある日この彼が撃墜されちゃったんだそうで

「彼は機体から奪取できなくて、いつまでも悲鳴が続いていました。何回も母親の名を呼び、ヒトラーを悪し様に罵って。気が付いたら祈っていたんです。『跳び出すのよ、落下傘よ、ああ神様、どうか彼を出してあげて』でも駄目でした。みんなで、ずーっと落ちていく彼の声に耳を澄ましていたんですが、遂に受信範囲から外れてしまって。表に出ましたが、吐き気がしました」

そうな…

無題
Name 名無し 16/04/16(土)21:08:18  No.423563 
「検閲官、流刑地にマルクスのDas Kapital(「資本論」)を持っていきたいのですがよろしいでしょうか」
「何だって?おまえにどうして、マルクス氏のDas Kapital(資本)を持ちされるのだ?」
「いや、それは私の物です。」
「お前の物なら勿論さしつかえないが、護送の指揮官に渡さなきゃいかんよ。金銭は全て、彼が保管するのだから」

シベリア流刑地に流される帝政ロシア時代の革命家、レフ・デイチと彼の携行する書籍の検閲に当たったペテルブルク大学卒の官吏とのやり取り
1885年

特に美文じゃないけど今日読んでオモシロかったから

無題
Name 名無し 16/04/17(日)11:24:25  No.423631
>No.423563
共産主義って私物の概念が無いんじゃなかったっけ
違ったっけ

無題
Name 名無し 16/04/17(日)11:44:22  No.423633
>共産主義って私物の概念が無いんじゃなかったっけ
>違ったっけ

お前の世界では1885年にソ連ができていたのか

まぁ因みに共産主義で否定されるのは生産財(土地・工場・工作機械・資本等)の私有な
ソ連時代の人民も、自分の給料で好きなモノを買ってる(ただし、本当に欲しいモノはたいてい品切れな模様。)

無題
Name 名無し 16/04/16(土)21:40:28  No.423568 
日本人ですから勿論フクザツな心境ではありますが、

「Send us more JAPS!」

ガッツのある軍人らしい言葉だなと思う。

無題
Name 名無し 16/04/16(土)22:18:45  No.423577
>「Send us more JAPS!」
と言ってたら、増援連れた二次攻撃受けて
「ホンマに連れてきてどないすんねん」

無題
Name 名無し 16/04/16(土)21:49:54  No.423569
今絶賛紛争中のアゼルバイジャン軍アブドラ・クルバーニ大佐

水が大地と混じり合う時それは泥となる、血が大地と混じり合う時それは祖国となる

無題
Name 名無し 16/04/17(日)13:58:01  No.423636 
朝鮮戦争で中国義勇兵の反撃を受けたときの米軍の電文
「オールマウンテン・オールチャイニーズ!(全山中国兵!)」

無題
Name 名無し 16/04/17(日)19:30:01  No.423700 
「総統の死守命令」を無視し、ハリコフから撤退を命じた時の言葉、

「わたしのような老人にはそれでかまわん。だが、表にいる若者達にそれを強いることはできぬのだ。直ちにわたしの命令を軍団に通達したまえ」
引用元: http://may.2chan.net/39/res/422571.htm

戦場の名言集 - いま胸を打つ遺言 (中公新書ラクレ)
早坂 隆
中央公論新社
売り上げランキング: 375,471