無題 Name 名無し 16/01/11(月)01:32:17  No.411565

Yura
(画像引用元)wikipedia

長良型軽巡スレ

無題 Name 名無し 16/01/11(月)03:27:36  No.411575 
個人的には4本煙突のほうが好きなのだがまあいいさ

無題
Name 名無し 16/01/11(月)07:36:35  No.411585
同業者の親父さんが長良の元乗組員。
最後の航海に出る直前に転属命令が出て命拾いしたんだって。

いろいろと話し聞いてみたい気もするが、自分から進んで語るタイプじゃ無さそうな人だけに聞きづらい。

無題
Name 名無し 16/01/11(月)09:48:17  No.411588
頑張って士官学校出て大正時代の艦艇に配属になったら泣く
ああいうのってハンモックナンバー順に新鋭艦とかの配属になるんだろか

無題
Name 名無し 16/01/11(月)16:57:39  No.411632
5500トン型は14サンチ砲を2門降ろして89式12.7サンチ連装高角砲を1基後部中央線上に積んだけど
対空には高角砲2門は足りないし、対水上でも片舷14サンチ4門で足りないしそういう不満はなかったのかな?
せめて艦橋両舷の14サンチ砲を撤去して後部上甲板上に高角砲を置くのでも良い気がするが

無題
Name 名無し 16/01/11(月)18:41:26  No.411643
帝国海軍で大戦までに更新が間にあわなかったのが軽巡だったけど
5500t型で水雷戦隊を率いてソロモンを暴れまくったおかげで5500t型の大半をソロモンで失ったけど、米軍も重巡のかなりの数をソロモンで失った
でも回復力が・・・・

無題
Name 名無し 16/01/11(月)19:20:06  No.411648 
>頑張って士官学校出て大正時代の艦艇に配属になったら泣く

「そうか、君には是非連合艦隊旗艦長門乗り組みを命じるつもりだったのだがな、大正生まれの艦が嫌なら再考しよう…残念だ」

…ってのは冗談としてもIJNが日米開戦直前に用意した水雷戦隊6個の内5個までは5500トン軽巡が旗艦だったわけで、水雷屋こそ海軍軍人の花形!ってヒトにはむしろ憧れの配置だったりしたりしないんでしょかねw
因みに元海軍の大本営参謀だった吉田俊雄氏が、昭和の初め頃の兵学校の最上級生時代、練習艦だった「球磨」型軽巡の「大井」に乗艦実習した時の事を書き残されてるんですが

「天下の最上級生徒だゾと、兵学校を闊歩していた私たちが、
いっぺんでペシャンコになる痛烈な実習なのだ」

…そうでして

無題
Name 名無し 16/01/11(月)19:21:45  No.411649
1452507705279

「オカで威張っていても、艦に来ると役に立たんではないか。キサマたちは海軍士官になるんだぞ。オカではない、艦に乗るんだ。艦に乗って部下を指揮しながら、どんな熾烈な戦況でも、勇敢に戦い、祖国を守り通すんだ。もっと謙虚になれ、心を入れなおせ―」

…と「半べそでキリキリ舞してる」所に「ガシャンとやられた」んだとか

因みに吉田氏曰く、纏めて「5500トン」と呼びならわされてたこのクラス、駆逐艦では小さすぎるが重巡では大きすぎるし不経済だ―という仕事が無数にあった海軍では非常に重宝な存在だったそうでして、まず

「平時には居留民、同胞の保護、貿易の推進(災害救援とかもやってますな)戦時の攻撃では真っ先に敵陣に突っ込み、味方部隊を次々に占領地に送り込む。」

無題
Name 名無し 16/01/11(月)19:24:23  No.411651 
「一方防御では殿となって敵を食い止め、反撃のチャンスを掴んで猛然攻撃に移りあるいは増援部隊を大急ぎで送ったり、遭難艦船の救助に駆けつける。」
「あらゆる意味で八面六臂、もっぱら『人助け』役として戦場を東奔西走するのである」

…との事で、実際の各艦の戦歴見ても頷ける評価なんですけれど、一方で例えば戦時中水雷戦隊旗艦として行動中沈んだ「5500トン」含む軽巡洋艦8隻の内
敵水上艦との交戦で沈んだのは2隻(「川内」「神通」)のみで
航空機によるもの4隻(「由良」「阿武隈」「阿賀野」「矢矧」)
潜水艦によるもの2隻(「龍田」「夕張」)
また沈没まで至らなかった事例でも、損害の為旗艦任務を譲らざるを得なくなった6隻の内4隻は空襲、2隻は潜水艦による被害が原因なんだとかで
本来夜間水雷戦に特化したはずの日本軽巡にとって、やっぱかなり酷な戦争だったんでしょうなあ…

無題
Name 名無し 16/01/12(火)00:43:29  No.411688
長良型ってなんでこんなに艦橋が直方体なの?
イギリス艦みたいだ

無題
Name 名無し 16/01/12(火)01:58:29  No.411693 
1452531509883
>なんでこんなに艦橋が直方体


艦橋の下は艦載機格納庫
実用面で難が多く後に使われなくなった
画像は近似型の由良

無題
Name 名無し 16/01/13(水)03:48:49  No.411791
>艦橋の下は艦載機格納庫
>実用面で難が多く後に使われなくなった

ありがとう。
直方体だった明確な理由があったんだね

無題
Name 名無し 16/01/12(火)09:07:28  No.411707
長良型の箱より球磨型の三角形の方がカッコイイとか思ってるのは内緒だ

無題
Name 名無し 16/01/12(火)09:18:41  No.411708
石炭でも動く優しい燃費
ただ大戦時の艦艇は殆ど重油専焼なんで逆に石炭の補給に難渋したりはしなかったのだろうか

無題
Name 名無し 16/01/12(火)09:57:05  No.411709
石炭混燃は天龍型だけだね
アメリカに石油依存している事をリスクと考え、石油を禁輸されても作戦行動できる事を考えて設計されたけど、使い勝手が予想以上に悪くて、それっきりになってしまった

結果、禁輸されたなら分捕れ、という戦略に

無題
Name 名無し 16/01/12(火)10:27:39  No.411711
まあ混焼缶も石炭も使えますよってだけで重油でも別にいいんだけど結局重油の節約ってアイディアは戦時にはあんまり役に立たなかったってことやね
平時の燃料節約が本来の目的なんだからそれでもいいんだろうけど

無題
Name 名無し 16/01/12(火)11:10:02  No.411715
拡げた戦線が余りにも広大過ぎて使い倒された感

無題
Name 名無し 16/01/12(火)13:35:49  No.411723
5500t級が量産されたのは比較的古く艦型も旧式だった
その後の建艦は主力艦に移り軽巡洋艦は阿賀野型までなかった
しかし量産のテストケースとしての役割は果たし実質的に軽巡に近い秋月型の量産に貢献している

無題
Name 名無し 16/01/12(火)22:59:18  No.411771
石炭専燃缶てのは、末期の丁型海防艦がやってたなあ
そのころの5500トン型はどうかって?まあ…(涙目

無題
Name 名無し 16/01/13(水)03:23:38  No.411790
三本煙突でも分かるとおりイギリス艦の特徴を踏襲し換気も機力ではなかった
稜波性も特型より余裕のある船体なのに同等で後に艦首をS字カーブに設計変更した
引用元: http://may.2chan.net/39/res/411565.htm

1/350 アイアンクラッドシリーズ<鋼鉄艦>防空巡洋艦五十鈴
青島文化教材社 (2012-11-03)
売り上げランキング: 178,269