無題 Name 名無し 15/10/07(水)18:49:38  No.1136092
太平洋戦争の日本軍防御陣地―1941‐1945 (オスプレイ・ミリタリー・シリーズ―世界の築城と要塞イラストレイテッド) 

鉄条網・有刺鉄線スレ
軍用以外にも沢山使われてますがそこは適宜
日本軍の島嶼陣地等は全くと言っていいほど鉄条網を見かけない
届いてないだけなのかそもそも造ってなかったのか・・?

硫黄島決戦―付・日本軍地下壕陣地要図 (光人社NF文庫)
橋本 衛
光人社
売り上げランキング: 35,559

無題
Name 名無し 15/10/07(水)18:59:20  No.1136095
実も蓋もないことを言えば
海岸線に鉄条網なんて張ってもことごとく艦砲射撃で吹き飛んで残らないだろうからあってもなくても意味なかったんじゃないかな

無題
Name 名無し 15/10/07(水)21:42:39  No.1136106
障害張るのも大量の物質がいるからね
それに見あった価値がないと判断されたのかもしれない

無題
Name 名無し 15/10/07(水)22:55:58  No.1136114 
1444226158985
作者 Tosaka(CC BY-SA 3.0)

即無効化

無題
Name 名無し 15/10/07(水)23:06:16  No.1136117
レザーワイヤーも掴める厚手の手袋と専用のワイヤカッターがあったはず…

無題
Name 名無し 15/10/08(木)06:12:36  No.1136126
>届いてないだけなのかそもそも造ってなかったのか・・?
「太平洋戦争の日本軍防御陣地1941-1945」と言う本によれば
船送スペースの制限と乏しい鋼鉄生産が逼迫する他の用途に流用されたために太平洋の島ではあまり使われなかったらしい
その代りに先を尖らせた竹杭等が使われたそうな

無題
Name 名無し 15/10/08(木)20:17:36  No.1136186 
1444303056197
>その代りに先を尖らせた竹杭等が使われたそうな

コレはこれでそれなりに嫌そうではありますなあ

無題
Name 名無し 15/10/08(木)14:07:43  No.1136139
日露戦争中には鉄条網に関する報道記事を見かけるけど
よほど珍しかったんだろうな

無題
Name 名無し 15/10/08(木)14:13:15  No.1136140
戦車来られたら一発だしなぁ。

無題
Name 名無し 15/10/08(木)14:57:27  No.1136145
地雷原・壕・火網・あと何より守備戦力と連携できてなきゃ
ワイヤカッターで切られたり戦車にふみつぶされてハイ終わりでしかない
ドイツがあれだけ大規模に作ったヴェスト・オストヴァル・大西洋防壁すらどんだけ役に立ったかといえば骨折り損に近い
二線級の極みみたいな部隊が薄く張り付いてただけだし

無題
Name 名無し 15/10/08(木)15:09:44  No.1136146
でも鉄条網があると匍匐前進では進めないよね
かならず切断なり破壊しなきやならない
それだけ移動速度がおそくなるし、いくら爆撃で破壊されるとはいえ安価なでそれなりに効果のある障害じやないの?

無題
Name 名無し 15/10/08(木)15:50:57  No.1136147
防御、遅滞策としてはあくまでもサブというか隙間を埋める存在だから
メインとしてきちんと整った部隊なりが後ろにいれば役に立つけどメインに大穴空いてる状態では隙間を埋めるもクソもない

無題
Name 名無し 15/10/08(木)19:50:13  No.1136162
日本軍島嶼守備隊「そんなものより米味噌胡麻と薬と、余力があれば弾薬を送られたし」

無題
Name 名無し 15/10/08(木)19:52:42  No.1136163
硫黄島なんかだとまず釘・針金・丸鋼・木材・セメントといった基礎的な建材をくれという状態が要求品目より見て取れる

無題
Name 名無し 15/10/08(木)21:57:46  No.1136209
>コレはこれでそれなりに嫌そうではありますなあ
杭と杭の間にロープでも結んでおけば引っ掛かって転んだらブスリなんて嫌な事になりそうだな
>基礎的な建材をくれという状態が要求品目より見て取れる
これも上で紹介した本に載ってた話だけど
南方の島々でも資材の不足はよくあったそうで椰子の木のような現地で手にはいる資材は勿論、築城用ではない様々な物資が再利用されたらしい
例えば弾薬箱は砂を詰めたり解体して釘と板にして陣地の内壁にされたり、ドラム缶は端を切り取って平らにのばして天井や壁の補強材にしたとか

無題
Name 名無し 15/10/09(金)09:19:50  No.1136231
>南方の島々でも資材の不足はよくあったそうで椰子の木のような現地で手にはいる資材は勿論
マキン・タラワでは生木のヤシの木つかったみたいね
これが意外に頑丈だったと

無題
Name 名無し 15/10/09(金)20:09:51  No.1136273 
1444388991909
>これが意外に頑丈だったと

椰子の木は切り倒すのが比較的簡単で内部は柔らかくしなやかだったから弾丸の衝撃をよく受け止めてる事ができてて破片による被害も減らせたらしい
ただ年月が経つと内部がスポンジ状になってしまって強度が大幅に落ちてしまうらしいが

無題 Name 名無し 15/10/08(木)20:49:10  No.1136201
鉄条網って進攻速度を低下させたところに銃弾を雨あられと降らすものでしょ
でも島嶼戦だと銃弾降らすとその向こうから巨砲弾が飛んでくるからねぇ。戦艦という名の大要塞から
いわば相手の要塞の前面で塹壕戦するようなものだから

無題 Name 名無し 15/10/08(木)21:39:53  No.1136207
旧陸軍も鉄条網突破は順当に工兵がハサミや破壊筒で啓開するけど
昔に歩兵が組体操的に飛び越えてたと聞いて
ホンマかいなと思った記憶があるけど実際どうなんだろう

無題
Name 名無し 15/10/08(木)23:45:04  No.1136219
>昔に歩兵が組体操的に飛び越えてたと聞いて
組体操の台になった方の連中はどうしたんだろうな…??

無題
Name 名無し 15/10/09(金)08:48:07  No.1136230
硫黄島では廃棄された1式陸攻の胴体が塹壕の骨組みになって外板の上から土を掛けられて
内部が兵員の待機所になっていた

無題
Name 名無し 15/10/09(金)17:21:40  No.1136254
貴重なあっち側からみた日本軍築城の本なんで俺も持ってるけど
サイパン以降は陣地戦術が少々紹介されてるくらいで
タラワが完全に中心になっちゃっててタイトルのような概観とはいえないのが残念だったな
引用元: http://cgi.2chan.net/f/res/1136092.htm

太平洋戦争の日本軍防御陣地―1941‐1945 (オスプレイ・ミリタリー・シリーズ―世界の築城と要塞イラストレイテッド)
ゴードン・L. ロトマン イアン パルマー
大日本絵画
売り上げランキング: 43,572