Name 名無し 15/06/28(日)15:21:33  No.1123431
NHKスペシャル ドキュメント太平洋戦争 BOX [DVD] 

ドキュメント太平洋戦争 大日本帝国のアキレス腱


http://cgi2.nhk.or.jp/shogenarchives/bangumi/movie.cgi?das_id=D0001200002_00000

ふらっとTVつけたらやってた。
資源を外国に頼っている以上、この地域の日本への重要性は変わらないね
NHKも当時こんなの放送してたのか

NHKスペシャル ドキュメント太平洋戦争 BOX [DVD]
NHKエンタープライズ (2008-08-22)
売り上げランキング: 4,336

無題
Name 名無し 15/06/28(日)15:36:56  No.1123435
普通に面白かった
物資輸送船の被害予想が直前に作られてたとかは初めて知った
被害予想の元になったのがWW1のデータでやっつけってのがまた・・・

無題
Name 名無し 15/06/28(日)15:43:41  No.1123436
アメリカもドイツのUボートに悩まされたから
日本も開戦前に潜水艦対策が出来てないのは似たようなもんかな

ただアメリカは護送船団、暗号解析、潜水艦狩りと戦時中に対策し被害を減らせられたが
日本はなにも出来ずに終戦と、これが国力の差ってやつか

ほんと勝てないと結論が出ているのに無能の連中のせいでえらいめにあったわ
戦況分析の改ざんに頭をつかわず
アメリカの言い分にたいして譲歩、妥協といった懐柔策に頭を使えばいいものを

無題
Name 名無し 15/06/28(日)22:42:20  No.1123496
>ただアメリカは護送船団、暗号解析、潜水艦狩りと戦時中に対策し
>被害を減らせられたが
>日本はなにも出来ずに終戦と、これが国力の差ってやつか

帝国海軍も連合国と同じく、輸送船団を編成したり、護衛空母を随伴させるなど対策したよ
ただ如何せん、技術と物量に押しつぶされた
米国の場合、対潜の先進国、英国から指導と技術供与という恩恵もあったけど

無題
Name 名無し 15/06/28(日)23:42:04  No.1123515
>戦時中に対策し被害を減らせられたが
インド洋や米国沿岸じゃ単独航行の商船もいっぱいいて潜水艦長が行きたがってたし
巡洋艦インディアナポリスも燃料節約運転中をイ58にやられた
戦法が軍艦第一なのと対潜掃討に対応する柔軟な頭がなかったけどな

無題
Name 名無し 15/06/29(月)00:21:48  No.1123526
>輸送船団
ウルフパックで来られるとむしろ効率的に沈められる状態だったともいえます

>護衛空母
護衛空母自体が潜水艦に食われる結果に

>巡洋艦インディアナポリス
>戦法が軍艦第一
日本の潜水艦が沈めた巡洋艦はインディアナポリスも含め2隻
通商破壊にも活躍したアメリカ潜水艦が沈めた日本の巡洋艦は14隻という結果が残っています

無題
Name 名無し 15/06/29(月)01:35:57  No.1123533
日本の対潜戦術は、全く通用しなかったらしいからなー
護衛していた商船が撃沈されて、駆逐艦が急行するも返り討ち、というパターン多かったそうだし

飛龍よりも大きいDDHを造っちゃうあたり、護れなかった事が本当に辛かったんだろな

無題
Name 名無し 15/06/29(月)03:38:20  No.1123550
2000年ごろの再放送で見たわ
19年の虎の子の物資積んだ船団の話は悲しかったな
優秀船揃えてボーキサイト、原油、ゴム積んで、護衛も駆逐艦や駆潜艇足りないから、海防艦や掃海艇付けるんだけど、暗号解読されてて、待ち伏せ状態で全滅させられるの

無題
Name 名無し 15/06/29(月)11:51:06  No.1123572
軍板住人には大好評のドキュメント太平洋戦争
バブル時代全盛期に傲慢になってると戦争と同じ目にあいまっせとの警告も込めて作られたとかなんとか

無題
Name 名無し 15/06/29(月)11:54:21  No.1123575
>軍板住人には大好評のドキュメント太平洋戦争
すべての牟田口はここから有名になったからな

無題
Name 名無し 15/06/29(月)22:03:07  No.1123626
>バブル時代全盛期に傲慢になってると戦争と同じ目にあい
>まっせとの警告も込めて作られたとかなんとか

今現在も「責任なき戦場」と同じような事やってるのが・・・

無題
Name 名無し 15/06/29(月)11:51:51  No.1123573
放送から25年もたって
まったく色褪せない作品ってのも凄いね

無題
Name 名無し 15/06/29(月)18:36:24  No.1123605
リアルで見たのは中学生の時だった
証言で出てる元軍人を見て「中佐?せめて将官クラスを出してくれよ」と思ったけど
今見返すとそれが『海上護衛戦』の大井さんだったりして、恐縮すること多々

無題
Name 名無し 15/06/29(月)19:50:45  No.1123612
「敵を知らず、己を知らず」
という回があった。
上手いコピーだと思った。
頑強な敵だけど、勝手に玉砕してしまう
奇妙な軍隊だった。ていうイギリス兵の手記が
印象的だった・・・

無題
Name 名無し 15/06/29(月)21:55:08  No.1123623
>「敵を知らず、己を知らず」
>という回があった。
>上手いコピーだと思った。

ガダルカナルですね。
各回の題名の付け方が良いと思います。
「エレクトロニクスが戦を制す」もアウトレンジ戦法で「Z」旗まで揚げて必勝を確信した連合艦隊を最新鋭の兵器を駆使する米軍がいかにして打ち破って行ったかが描かれていましたね。
日本側もレーダーの開発等を行ってはいたものの従来の得意戦法を過信して新技術の導入が遅れたのは当時の国力の限界だったのだと思います。

無題
Name 名無し 15/06/30(火)21:46:07  No.1123714
NHKの番組の良かった所は
客観的なデータも提示してくれた事

たとえば日本もアメリカ同様
通商破壊に対策し専用の部署も作ったよと意見を出されると
データが無ければあれ?じゃあ敗戦の原因はなんなの?となるが

データがあれば日本を維持するのに300万の物資輸送が必要で
一度たりとも被害が止まることなく減り続け最終的には30万まで減っているのが解る
対策は焼け石に水だったと

沖縄戦の番組も当時の人間に状況を聞くだけでなく
日ごとの軍人と民間人の死傷者をグラフ表示でなにが起っていたかとてもわかりやすかった
引用元: http://cgi.2chan.net/f/res/1123431.htm

太平洋戦争 日本の敗因〈1〉日米開戦 勝算なし (角川文庫)