無題 Name 名無し 15/06/12(金)04:50:42  No.384639
FockeWulf_Fw190
ゼロ戦より強いノン?

フォッケウルフFw190戦闘機 戦場写真集
広田 厚司
潮書房光人社
売り上げランキング: 413,702

無題
Name 名無し 15/06/12(金)06:19:37  No.384642
強いけど格闘戦では逆の立場になる

無題
Name 名無し 15/06/12(金)08:10:36  No.384649
較べるなら鍾馗あたりが妥当な気がする

無題
Name 名無し 15/06/12(金)08:19:54  No.384651
スペック詐称でF4FやF6Fにフルボッコじゃなかったっけ?

無題
Name 名無し 15/06/12(金)09:45:14  No.384653
海軍機と記録が残るほど交戦してるの?

無題
Name 名無し 15/06/12(金)10:25:06  No.384654
米海軍機と戦った話は俺もどっかで読んだが
確かボコボコにされてた筈

無題
Name 名無し 15/06/12(金)10:52:17  No.384659
F6Fはともかく、F4Fにまでボコられたら立つ瀬がないな。
スペックでは大差があるのに。

無題
Name 名無し 15/06/12(金)13:04:42  No.384665
>F6Fはともかく、F4Fにまでボコられたら立つ瀬がないな。
>スペックでは大差があるのに。

ごめーん
F4Fは勘違い
109Gの部隊がF4Fの部隊と互角の勝負して109G側を追っ払っただけだった。

F6Fはイギリスの空母艦載機隊がノルウェーでME109とFW190の混合舞台を無傷で3機撃墜というのがあった。

戦闘回数が増えれば結果も変わってくるんでしょうけどね。

無題
Name 名無し 15/06/12(金)19:49:20  No.384685
>米海軍機と戦った話は俺もどっかで読んだが
>確かボコボコにされてた筈
1944年5月8日、英空母「Emperor」から発進したF6Fがノルウエー沖を飛行中にドイツ空軍のBf109とFw190の混成部隊と交戦して2機のbf109と1機のFw190が撃墜されています(F6F損失無し)

またF4Fは同じくノルウエー南部を飛行中にFw190じゃ無いですがBf109の編隊と交戦
Bf109が4機撃墜されていますね
(英海軍第882飛行中隊で日時不明)

両方とも英海軍の機体で記録も英海軍のものらしいです
米海軍がFw190と交戦した記録は探しても見当たりませんでした。

無題
Name 名無し 15/06/12(金)10:28:45  No.384655
格闘戦に付き合わなければ米軍も独軍も日本軍機に勝てるが、パイロットは何故か格闘戦を挑まれると挑発されたと感じて応じてしまい軽量で重武装で小回りの効く日本の戦闘機にやられる。

しかしゼロ戦鹵獲されて弱点露呈した途端、徹底して一撃離脱やられまくる。あのとき不時着したゼロ戦を破壊しておけば!くやしい!

無題
Name 名無し 15/06/12(金)15:49:23  No.384670
>あのとき不時着したゼロ戦を
>破壊しておけば!くやしい!
僚機が破壊を検討したんだけど、「もしかしたらパイロットが生きているかも…」と見逃しちゃったんだよね
実際にはコックピットぺしゃんこで即死だったが

無題
Name 名無し 15/06/12(金)17:19:59  No.384674
>あのとき不時着したゼロ戦を
>破壊しておけば!くやしい!
その時バレなくてもガタルカナルとかソロモンとか
少数をもって敵の根拠地に殴り込みをかける傍ら補給路を叩かれて稼働機も減る一方という愚劣な消耗戦を始めるんだから
機体の性能で戦略戦術の誤りをカバーできる期間はそう変わらなかったかも

無題
Name 名無し 15/06/12(金)18:07:47  No.384675
>あのとき不時着したゼロ戦を
>破壊しておけば!くやしい!
鹵獲ゼロ戦なくても機体強度がクソで急降下かければゼロ戦は追いついてこれないのはとっくにバレてたから時間の問題だった

無題
Name 名無し 15/06/12(金)17:12:50  No.384673
F6Fはあのタルみたいな体型が好きじゃない

無題
Name 名無し 15/06/12(金)18:33:36  No.384676 
https://twitter.com/macchimc72/status/576006136714821632

>F6Fはあのタルみたいな体型が好きじゃない


ワイルドキャットはともかくヘルキャットはコックピットの位置が高くて太って見えるけど、じつはスマートな機体なんだぜ

無題
Name 名無し 15/06/12(金)19:04:26  No.384679
>じつはスマートな機体なんだぜ
ほんとだうすっぺらいフイタ

無題
Name 名無し 15/06/12(金)19:31:45  No.384682
1/48 アメリカ海軍 F6F-3 ヘルキャット USS エセックス プラモデル JT34 
数で圧倒したとか
凡庸とかいわれるけど
良い飛行機だと思うの

無題
Name 名無し 15/06/12(金)20:05:04  No.384687
>凡庸とかいわれるけど
>良い飛行機だと思うの
必要な後継機を必要な時期に量産して出せたんだからいい機体だと思うよ
烈風は散々グダグダやったあげくに完成もせず見るべきとこのない駄作だし

無題
Name 名無し 15/06/13(土)06:15:22  No.384731
>烈風は散々グダグダやったあげくに完成もせず見るべきとこのない駄作だし
むしろ搭載した誉発動機に固執した海軍のせい
そもそも2000馬力出てなかったそうじゃないか

ただ後継機?ポジにやってきた紫電も疾風と機体規模が同じで重量も同じなのに最高速度が劣るのは既にカタログスペックも出てない誉搭載だったせいでは?
と言われてる

無題
Name 名無し 15/06/13(土)08:02:50  No.384737
>誉発動機

こんな工芸品を兵器として扱うのが間違ってたんや
製作も当初約束された熟練工ではなく、見習い未満の徴用工だし……

無題
Name 名無し 15/06/13(土)08:15:08  No.384738
>製作も当初約束された熟練工ではなく
加算すると
良質な材料を要する→どんどん質が低下
メーカー
「100作る能力で120・140作るのは無理がある!70に一旦落としてでも確実な物を作るべきだ!」
軍需省役人
「ならば200つくれ」
メーカー
(ポカーン)

無題
Name 名無し 15/06/13(土)09:56:37  No.384743
>むしろ搭載した誉発動機に固執した海軍のせい
終戦時点でもろくに+ブーストかけられない有様のハ43のほうがどうしょうもないわ

無題
Name 名無し 15/06/13(土)14:23:03  No.384763
>むしろ搭載した誉発動機に固執した海軍のせい
>終戦時点でもろくに+ブーストかけられない有様のハ43

正直、当時の工業力だと、五式に積んだハ-112(1500馬力)
あたりのスペックが限界だったんだろうなあ……

無題
Name 名無し 15/06/13(土)22:32:20  No.384831
>ハ-112(1500馬力)
>あたりのスペックが限界だったんだろうなあ……
相当無理してこの馬力なんで、実は誉と大差ない。
てか、三菱のエンジンは水メタ入れると途端に不調になるから、、、

無題
Name 名無し 15/06/13(土)23:12:04  No.384838
レアメタルが無いとエンジン作れないからその辺りは割り引いて考えないとね
むしろ限られた資源の中で良くやったよ

無題
Name 名無し 15/06/13(土)23:12:27  No.384839 
1434204747372
じゃあ故障知らずのハ104(2,000 hp)で

無題
Name 名無し 15/06/14(日)12:53:51  No.384889
栄だって難産で長いこと厄介なエンジンだったから
結局のところ熟成期間が足りなかったんだよ誉は

無題
Name 名無し 15/06/14(日)13:14:01  No.384890
たかだか36Lの誉を2000馬力級として運用しようとしたのがおかしい
R2800なんて46Lだ
「アメリカなら誉をちゃんと作れた」とかいう人がいるが
アメリカだったら無理させず1700〜1800馬力止まりのポジに置いただろう

無題
Name 名無し 15/06/14(日)16:55:28  No.384922
>たかだか36Lの誉を2000馬力級として運用しようとしたのがおかしい
ネイピア セイバー 「ですよねー」

無題
Name 名無し 15/06/12(金)19:45:34  No.384684
ヘルキャットは格闘戦が弱いみたいに言われてる事があるけど
実際は格闘もかなり強かったみたいだね
日本機相手が多かったからそんなイメージは無いけど

無題
Name 名無し 15/06/12(金)22:09:28  No.384709
>ヘルキャットは格闘戦が弱いみたいに言われてる事があるけど
>実際は格闘もかなり強かったみたいだね
失速特性が良くて
自動フラップのおかげで運動性も高いってどっかで読んだ

無題
Name 名無し 15/06/13(土)00:13:02  No.384719
>ヘルキャットは格闘戦が弱いみたいに言われてる事があるけど
>実際は格闘もかなり強かったみたいだね
F6Fは米軍戦闘機の中ではF8Fが登場するまでは最高の旋回率を誇っていたはず。
旋回半径では零戦に劣っていたけど、旋回率では遥かに優れていた。
パワーがあって機体も頑丈なので急上昇も急降下も得意だったしな。

無題
Name 名無し 15/06/13(土)01:24:27  No.384725
>実際は格闘もかなり強かったみたいだね
>F6Fは米軍戦闘機の中ではF8Fが登場するまでは最高の旋回率を誇

むかし見たドキュメントでは、当時の零戦パイロットの方が「F6Fは零戦より速かったし、旋回性能も零戦より若干劣るくらいでから、強敵だった」と証言されてたよ。
雑誌で読んだ元343空の方は「P51やF4Uは一撃離脱でしたが、F6Fは積極的に格闘を挑んで来るのが多かった」と。

無題
Name 名無し 15/06/13(土)08:25:23  No.384740
>ヘルキャットは格闘戦が弱いみたいに言われてる事があるけど
>実際は格闘もかなり強かったみたいだね
そもそも艦上戦闘機として成立する戦闘機なら格闘戦に優れる(ちょっと難しいF4Uのことを頭の中でスミにやりつつ)

低空低速での性能を確保されるので、カタログスペックでは劣ってもパイロットには飛ばしやすく、敵にとってはうるさい存在になりがちなのだろうなあと

無題
Name 名無し 15/06/12(金)21:15:22  No.384697
ソ連のパイロットの話で「Fw190は手ごわい戦闘機じゃなかった」って言うのをどこかで読んだ記憶がある。

無題
Name 名無し 15/06/12(金)22:02:50  No.384707
幼少のみぎりに読んだ本には、烈風は世界最強の戦闘機でP-80にも勝てる、実戦配備すれば戦局の打開が可能だと書いてあった!

無題
Name 名無し 15/06/12(金)22:56:43  No.384711
>烈風は世界最強の戦闘機でP-80にも勝てる、実戦配備すれば戦局の打開が可能だと書いてあった!
1945年も終わりになって高度6000mあたりを600km前後で飛んでB-29にどう対抗せいちゅうんじゃ!
寝言は寝てから言うもんじゃ!

無題
Name 名無し 15/06/12(金)23:12:39  No.384712
>烈風は世界最強の戦闘機でP-80にも勝てる、実戦配備すれば戦局の打開が可能だと書いてあった!
米陸軍航空隊の新鋭機P-47が日本に紹介された当時(1941年?42年?)
「こんなダンプカーみたいなデカい戦闘機でなにができる~」と日本の戦闘機搭乗員は笑ったけれど
零戦の後継機を作ってみたらP-47のことをとやかく言えないような機体になった…
とどこかで読んだ
しかもP-47より低出力で低速、それが数年遅れの登場と来たもんだ

無題
Name 名無し 15/06/13(土)00:20:44 ) No.384722 
1434122444049
>烈風は世界最強の戦闘機でP-80にも勝てる、実戦配備すれば戦局の打開が可能だと書いてあった!

もはや工業生産力はガタガタで資材調達でさえまま為らないのに、そういう執筆者って何てレベルが低いのだろうって思うよね。   
ネットが普及した今の時代では。

零戦の後継機じゃないが、高高度邀撃戦闘機を目指したキ-94ⅡなんてP-47に近い機体になってしまっているもんなぁ。

無題
Name 名無し 15/06/13(土)07:41:41  No.384734
>キ-94Ⅱ
この戦闘機写真じゃわかりにくいけど大きいんだよね

無題
Name 名無し 15/06/12(金)22:22:14  No.384710
Fw190って、隼や鍾馗みたいに急激に機体幅を狭めてるんだよな

無題
Name 名無し 15/06/13(土)02:21:10  No.384728
Fw190に搭乗した日本軍パイロットはみな「性能以前に整備性と人間工学に基いた操縦系がすばらしい」と口を揃えたそうな
そして最後に「でもやっぱムスタングの方が強いな!」と付け加える

無題
Name 名無し 15/06/13(土)07:51:30  No.384735
コクピットが埋め込んであるから視界が悪い。
胴体は先端の空気抵抗なんて気にせずに機体幅を急激に狭める設計。この手法は空気抵抗を減らすには最適で結局は液冷でも同じでラジエターも環状がベスト。
空気抵抗=機体の表面積だから

無題
Name 名無し 15/06/13(土)15:07:14  No.384768
F4Uの開発に対する保険的な意味だったから、F4Uの実戦投入と量産配備の実績からして、F6FがなければもうちょいF4Fで頑張らねばならない時期が長引くので、見事にF6Fはその役目を果たしてるね。

FW190も登場時期と鑑みれば109とスピットファイアの泥仕合を一時的には打破してるので、要求仕様に合った「補助戦闘機」としての役割は存分にというか、期待以上に果たしている。つか、実質後半戦では主力の一角だし。もし109とその(あまり開発がうまくいってなかった)後継機だけだったら、東西両戦線でもっと手ひどく制空権奪われてたかも。

強い弱いというよりも、その存在自体がドイツ空軍に大きく寄与してる。そういう意味じゃF6FもFw190も必要な時期に間に合った機体かな。

日本だと、性能発揮はともかく、負け戦の中にあって数をそれなりに揃えられた四式戦や五式戦がそれにあたるかな。
日本海軍はそういう意味で残念な結果に終わってしまった。

無題
Name 名無し 15/06/13(土)18:19:50 No.384789
烈風はF8FどころかF6FやF4Uにも優位に立てるか疑わしい
何か無駄にでかいだけという気がして

無題
Name 名無し 15/06/13(土)18:33:20  No.384793
>何か無駄にでかいだけという気がして
P-47みたいにサイズが大きい分馬力があるわけでもないから実際そうだと思う

無題
Name 名無し 15/06/14(日)13:18:24  No.384891
>何か無駄にでかいだけという気がして
海軍側が翼面荷重にまで口を挟んできたおかげで翼面を大きく→バランス取るために機体も大きく→重量増えるからさらに翼面を
ってアホなスパイラルに陥った結果

無題
Name 名無し 15/06/13(土)18:22:29  No.384790
結局、技術力の不足を精神主義に頼ってしまったのが日本のダメな所だと思う
戦後はその点を改善しているかというと・・

無題
Name 名無し 15/06/13(土)18:36:14  No.384794
>戦後はその点を改善しているかというと・・
戦後では技術そのものが各国と同等かそれより上になったから
その上での精神論は有用ではある・・かな

無題
Name 名無し 15/06/13(土)21:46:18  No.384827
>結局、技術力の不足を精神主義に頼ってしまったのが日本のダメな所

>384738
を読むと、問題は精神主義というよりも官僚的な硬直的対応かもしれない。
(省庁は国策である戦争遂行を主眼としているから、それが無理と認めるような対応は不可能だった。)
戦後、それが改善されたかというと・・・

無題
Name 名無し 15/06/14(日)13:43:05  No.384897
>>結局、技術力の不足を精神主義に頼ってしまったのが日本のダメな所だと思う

これは結局、技術力は国力だった訳で、無い袖は実際振ろうにも振れなかった。
ただ、航空機開発を陸海軍の垣根をもっと超えて一本化していれば良かったなという機体は結構あるのでそこは残念だね。

現在はかなり改善はされてると思うよ。むしろ予算という強敵に挑み続けて、効率や官僚的硬直をやり過ごす知恵なんかはかなり進んだと思う。

無題
Name 名無し 15/06/14(日)22:56:35  No.385021
>>結局、技術力の不足を精神主義に頼ってしまったのが日本のダメな所だと思う
源田実もその典型じゃなかった?
零戦の性能向上型?の会議で、打開策が見つからずに精神論をぶち上げて状況打開を図ろうと結論づけ
開発、運用現場に丸投げした。

無題
Name 名無し 15/06/15(月)06:00:46  No.385069
>源田実もその典型じゃなかった?

いまだにこんな勘違いをしている人がいるのか
昭和に作られたイメージは一度疑ったほうがいい

無題
Name 名無し 15/06/15(月)06:58:46  No.385073
>源田実もその典型じゃなかった?
源田が固執したのは格闘戦じゃなかった?

無題
Name 名無し 15/06/14(日)22:58:38  No.385023
どの国も同じだと思うよ
仮にアメリカの分が悪くなって技術的に日本に追いつけないとなると絶対に精神論に走ったと思うよ
最終的にはそれしか無いもの

無題
Name 名無し 15/06/14(日)23:00:19  No.385025
70年代の自動車産業あたりの対応が参考になるかな?
技術力じゃなくて政治力で対応しようとしたよね?
ありゃあ、ある意味、精神論だから

無題
Name 名無し 15/06/13(土)21:53:41  No.384829 
1434200021409
第二次大戦時の日の丸つけた海外機っていいよね

無題
Name 名無し 15/06/14(日)21:01:58  No.384985
>第二次大戦時の日の丸つけた海外機っていいよね
マスタングパイロット「こいつはフランクじゃない!フォッケウルフだ!!間違いない俺はヨーロッパで何度も(ryみたいなザ・コックピットなエピソードはあったのかな?

無題
Name 名無し 15/06/13(土)21:54:32  No.384830
1434200072536
鹵獲したB-17とか

無題
Name 名無し 15/06/14(日)14:22:23  No.384901
機体もそうだが、パイロットの育成と規模もボトルネック
徴兵で適性有るのは問答無用で航空兵にすべきだった。

無題
Name 名無し 15/06/14(日)16:16:18  No.384914
J22みたいな機体を開発して大量生産したらどうだろうかと妄想することがある。
1200馬力ぐらいで570km/h出す。
旋回加速上昇航続共に極めて平凡。

無題
Name 名無し 15/06/14(日)23:48:30  No.385042
>1200馬力ぐらいで570km
零戦五二型…

無題
Name 名無し 15/06/14(日)23:43:12  No.385041 
上で書かれている、F6Fによる190の撃墜記録は、当該地域におけるドイツ側の損失記録として確認されていないとのことです。ドイツ側も3機のF6Fの撃墜記録を申請していますが、その時のF6F側の損失は2機で、その内1機は対空砲火によるものではないかと考えられているとのことです。お互いに、よくある戦果誤認ですかね。

http://wwarii.com/content/page.php?i=naval-aviation-europe


鹵獲されたフォッケと、F6F、F4Uは、比較テストされた記録が残っているけど、米軍側の評価としては、全然性格の違う戦闘機と評価されているね。フォッケはエクセレントインターセプタータイプの戦闘機。挌闘戦向きの機体ではない。F6F、F4Uで戦う場合、攻めるにしても守るにしても、相手に近づくことが重要。

http://www.wwiiaircraftperformance.org/fw190/ptr-1107.pdf


対峙する相手の癖を知るって意味では、似たような地域をお互いの陸海軍機が飛び回った太平洋はカオスだな。

無題
Name 名無し 15/06/15(月)00:39:54  No.385048
>フォッケはエクセレントインターセプタータイプの戦闘機。挌闘戦向きの機体ではない。
高高度の夜間哨戒任務へ就かせることこそフォッケへの侮辱だ

無題
Name 名無し 15/06/15(月)08:00:06  No.385076 
1434322806319
>高高度の夜間哨戒任務へ就かせることこそフォッケへの侮辱だ

貴様に汚名返上のチャンスをやろう

無題
Name 名無し 15/06/15(月)14:19:38  No.385106 
1434345578235
>貴様に汚名返上のチャンスをやろう

確かにオレも未来の可能性として研究したことはある...
だが、現実に使うとなると話は別だ!

無題
Name 名無し 15/06/15(月)05:56:34  No.385067
空対空爆撃隊仕様のフオッケに並ぶものはない

無題
Name 名無し 15/06/15(月)12:19:24  No.385092 
フォッケ=ウルフ迎撃隊 (1984年) (Hayakawa novels)

文章は詩的で牧歌的でさえあるのに
内容は血みどろで下品でマニアックな素晴らしい小説だった

無題
Name 名無し 15/06/15(月)23:28:05  No.385236
1434378485856
(画像引用元)wikipedia,ドイツ連邦公文書館(CC BY-SA 3.0 DE)

私は、エアハルト・フォン・ラインハルト。
悪魔に魂を売った獣だ。

彼はパイロットでもあったけど、フォッケに乗ったことはないかな。

>>文章は詩的で牧歌的でさえあるのに内容は血みどろで下品でマニアックな素晴らしい小説だった

いいですよね。著者が元フォッケのパイロットということで、フォッケ愛に満ちている。
高校生の時に「フォッケ=ウルフ迎撃隊」のタイトルにつられて購入したけど、いい意味で期待を裏切られた。フォッケに乗った主人公が無双してくれるのかと思いきや……当時の生活の描写の生々しさと共に、軍オタ少年には斬新だった。
もとのタイトルの直訳、「裏切られた空」がしっくりくる。

無題
Name 名無し 15/06/16(火)08:49:24  No.385276
>内容は血みどろで下品でマニアックな素晴らしい小説だった
読んだのは随分前だけど、他にあまりないような内容の良い小説だったね
考証も良く出来ていたし
一応フィクションなんだっけか?
引用元: http://may.2chan.net/39/res/384639.htm

スーパー・ゼロ戦「烈風」図鑑―A7M&まぼろしの海軍戦闘機