無題 Name 名無し 14/12/31(水)11:36:17  No.359564
いつでも食べたい!自衛隊ごはん (イカロス・ムック)
陸自のメシが駄目な理由は作り手が数年ごとに変わって技術の積み重ねが無いかららしい。
海自と空自はメシ作りはずっとメシ作りなんだそうな。

写真で見る海軍糧食史
写真で見る海軍糧食史
posted with amazlet at 15.01.11
藤田 昌雄
潮書房光人社
売り上げランキング: 115,798

無題
Name 名無し 14/12/31(水)11:39:15  No.359565
どの隊でも
年度末になると予算消化のために豪華なメシが増えるんだそうな。

無題
Name 名無し 14/12/31(水)11:40:34  No.359566
何年前の話をしてんだか。
陸自食堂は民間委託になってるぞ。

無題
Name 名無し 14/12/31(水)11:43:25  No.359567
それだ。
なぜ民間委託にしたのか?
危ないじゃないか。

無題
Name 名無し 14/12/31(水)14:34:04  No.359586
>なぜ民間委託にしたのか?
>危ないじゃないか。

外部委託のほうが安全。
不祥事などがあれば速攻で切れるから。
中の人だと、しがらみなどがあって迅速な処置ができない場合が多い。

無題
Name 名無し 14/12/31(水)19:02:24  No.359635
>なぜ民間委託にしたのか?
>危ないじゃないか。

空挺団の落下傘の修理補修も民間委託だぞ。
基地駐屯地の正門の歩哨も民間委託してるとこあるぞ。
民間委託に何を拒絶してるか知らんが。

無題
Name 名無し 14/12/31(水)19:47:50  No.359642
自前より外部委託の方が安く済むからねえ
T-7の整備なんかも富士重に委託してるし
当然ながら自己完結性の面ではよろしくないからメリットばかりでもないけど

無題
Name 名無し 14/12/31(水)11:46:12  No.359568
昔は陸士とかにつくらせてたけど幹部食堂の飯に唾入れたりヤバかったらしい

無題
Name 名無し 14/12/31(水)11:56:44  No.359569
陸と空の飯しか食ったことないけど場所によるとしか
熊○や百○なんて酷いし

無題
Name 名無し 14/12/31(水)13:57:57  No.359583
護衛艦の士官室で出る急須の中に錆びた十円玉は基本

あと、カレーにピカール。ふりかけにカリカリに焼いたアブラムシとかきいたことある

無題
Name 名無し 14/12/31(水)19:11:31  No.359636
>急須の中に錆びた十円玉は基本
あと、カレーにピカール。ふりかけにカリカリに焼いたアブラムシとかきいたことある

意味が知りたい

無題
Name 名無し 14/12/31(水)19:25:46  No.359640
銅につく緑青は有毒と言われてた
実際はさほど害はないけど「猛毒だと言われてたものを混入」されるのは気分悪いだろ
そもそも硬貨は手垢とかたまってて汚いから普通に汚物混入系の嫌がらせだろう

無題
Name 名無し 14/12/31(水)20:58:48  No.359659
もういっその事隊員全員営外居住にしたらいいのに
基地周辺の経済が一気に活性化するで
特に田舎

無題
Name 名無し 14/12/31(水)21:10:37  No.359661 
1420027837142
最終的には自衛隊民営化にな(

無題
Name 名無し 14/12/31(水)22:29:09  No.359673
>もういっその事隊員全員営外居住にしたらいいのに
それなんて輝号計画?

無題
Name 名無し 14/12/31(水)22:29:54  No.359675
もう時効だと思うから言う
JR四谷駅の近くにあるJ隊だが
その昔みそ汁にチャバネが混入する事態がしばしばあった(もちろん事故である)
高温のスチーム釜なので一瞬で手足がバラバラになりみそ汁の具材と変貌しておった
日常茶飯事となっていたせいか
糧食班の班長は平気な顔して味見しとった

無題
Name 名無し 14/12/31(水)22:43:34  No.359679
そ族昆虫の駆除って大原則だけど陸はそんなこともできないの?

無題
Name 名無し 14/12/31(水)23:03:17  No.359684
昔の自衛隊なんてチンピラや知的障害一歩手前みたいなのたくさんいたからなあ
言っちゃ悪いが出来悪い奴は給養にでもぶち込んどけみたいな風潮もあったし

無題
Name 名無し 15/01/01(木)10:16:23  No.359741
>昔の自衛隊なんてチンピラや知的障害一歩手前みたいなのたくさんいたからなあ
そう言う人の受け皿として自衛隊は良かったのかもとふと思った
過去形ってことは今そう言う人はあまり居ないんだよね
どこに流れて行ったんだろう

無題
Name 名無し 15/01/01(木)12:45:04  No.359752
>過去形ってことは今そう言う人はあまり居ないんだよね
>どこに流れて行ったんだろう

順調にヒッキー&ニートが増えてるじゃないか

無題
Name 名無し 15/01/01(木)13:06:19  No.359758
>最終的には自衛隊民営化にな(

画像の看板なんて書いてあるの?
ぜんざいと寿司くらいはなんとなくわかるんだけど。

厨房がワタミやすきやになって空てい部隊より過酷な日常を・・・・

無題
Name 名無し 15/01/01(木)17:38:35  No.359786
>厨房がワタミやすきやになって空てい部隊より過酷な日常を・・・・
年末の早朝のすき家はワンオペでしかも中国人の女の子バイトだった
片言、徹夜明けのささくれた客層、溜まる洗い物、大きな音とともに出される牛丼 
人は地獄を作れる…

無題
Name 名無し 15/01/01(木)19:39:50  No.359811
>年末の早朝のすき家はワンオペで

キャナルシティの近くの○屋が似た雰囲気になってた
ツーオペだったんだが厨房のほうの一人が中国人の女の子バイトを半ばキレ気味に注意しながら注文された牛飯等を出してたよ。
あそこは立地からして客多そうだからなあ。

無題
Name 名無し 15/01/01(木)19:07:13  No.359802
1420106833665
>画像の看板なんて書いてあるの?

右から
大福
団子と来て
恐らく鳥居の絵は稲荷の洒落として稲荷ずし
汁粉というメニューだと思われますw
今なら差し詰めコンビニに立ち寄る自衛隊員の方々、ってところでしょかね

因みに余談ですが戦前にも陸軍のメシマズは深刻な問題になったことが有りまして
その原因としては
「海軍は炊事の専門兵を置き、兵食調理を専掌していたが、陸軍の兵食調理は全くズブの素人の集まりである。従って折角良質の材料を与えても、調理の段階において低落してしまう」
と言うことがあったそうでして
実際陸軍経理学校や各師団を回って調理技術を講義したある料理学校校長先生が「軍隊糧食調理法(1920年)」の中で

無題
Name 名無し 15/01/01(木)19:08:12  No.359803
1420106892036
「炊爨調理に従事せらるる人々の内には、軍隊式などと名付けて、材料を適度以外の切り方と為し、又は調味品の配合や煮熟法等に注意を為さざる習慣的作業を為すの士あるを認るは実に憂うべき事実である」
と批判してたりします

例えるならたまの休日、一家の御主人がよーし、今日はパパが男メシ作っちゃうぞぉ!と張り切ったのはいいけれど

やりつけない作業を勘と目分量とテキトーにこなした結果
空腹を抱えて散々待たされた食卓の上に並ぶビミョーな味の料理(のようなもの)
段取りを無視した作業の結果ジゴクの惨状を呈した台所、その後片付けの手間を考えてもはや怒り心頭のおかーさん、慣れない作業に疲労困憊した上賞賛も貰えず逆切れして不機嫌に黙り込むおとーさん、そして気まずい雰囲気の食卓で両者の板挟みになるお子さんたちという
家庭に有りがちな悲劇、みたいなもんでしょうか(棒

無題
Name 名無し 15/01/01(木)19:10:16  No.359805 
1420107016970
尤もその後は調理技術改善のための講習会の開催や調理専務兵制度の採用、メニューの改善等も進んで昭和期の兵食も後半はずいぶんマシになったそうで

ただかの石原莞爾サンが歩兵第4連隊長だった時、兵士の間からは
「(うちの連隊の飯は)量は多いがマズい」
と苦情が出て
「不味いのは認めるがカロリーは十分、軍隊は料理屋に非ず」
と言う主計責任者と対立していたのを石原連隊長が
「不味いのは調理が下手だからだ、コックを雇おう」
と裁断して軍属として民間料理人を雇うことで解決したなんて話が残っておるそうです

いつの時代もまあ、似たような問題が付いて回るって事なんでしょかねw

無題
Name 名無し 15/01/02(金)15:21:50  No.359935
>右から
>大福
>団子と来て
>恐らく鳥居の絵は稲荷の洒落として稲荷ずし
>汁粉というメニューだと思われますw
>今なら差し詰めコンビニに立ち寄る自衛隊員の方々、ってところでしょかね

ぜんざいじゃなくて団子だったのか。
ありがとうございました。

無題
Name 名無し 15/01/01(木)19:41:30  No.359812
料理を不味くしか作れない奴は弾除けか、あるいは事故か行方不明にされるのか

無題
Name 名無し 15/01/01(木)21:03:08  No.359835
日本も内戦はかなりの歴史があったのに、陸軍のメシマズは・・・・
太平の御代の江戸時代でノウハウが失われたと考えていいのやら。
朝鮮半島の極寒や東南アジアのジャングルとか、食糧事情の差異はあれど、こんなに取り沙汰されるのは今までと違って兵卒が文筆に携われる社会的余裕や、それほどまでに新時代の軍隊生活がストレスが大きい物だったんだろうな

無題
Name 名無し 15/01/01(木)22:43:59  No.359851
玄米と粗塩と菜っ葉と味噌だけであらゆるビタミンとミネラルが取れる!
帝国軍人たるもの山に篭る修行僧と同じ一日一食一汁一菜で十分である!

・・・とか言い出す無茶苦茶な偉い人は居なかったの?
戦時戦場はともかく平時や後方ではありそうな?

無題
Name 名無し 15/01/01(木)23:34:51  No.359858
1420122891028
>・・・とか言い出す無茶苦茶な偉い人は居なかったの?


そんなやついるわけないじゃないか。
仮にも亜細亜一の文明国だぞ?

無題
Name 名無し 15/01/01(木)23:49:42  No.359861
1420123782128
>・・・とか言い出す無茶苦茶な偉い人は居なかったの?

そんなやついるわけないじゃないか。

無題
Name 名無し 15/01/01(木)23:53:44  No.359862
>玄米と粗塩と菜っ葉と味噌だけであらゆるビタミンとミネラルが取れる!

実際摂れるんですかね?

無題
Name 名無し 15/01/02(金)00:58:54  No.359870
>実際摂れるんですかね?
精製していない米や塩はかなりカバーしているらしいが
慣れない人が急にやっても有効に吸収できない
断食道場とかの詳しい人の指導が必須らしい

無題
Name 名無し 15/01/02(金)02:00:56  No.359873
日本軍だって戦地に送る物資の中にビタミン剤や乾燥野菜入れてた資料有るから気にはしていた。しかし容赦無い補給線叩きの前にほぼ海の藻屑

無題
Name 名無し 15/01/02(金)04:25:10  No.359881
日本陸軍の糧食の研究は世界でもトップクラスだった。
圧しゅく口糧、原始的なフリーズドライパン、ビタミン添加キャラメルとかかなり進化してた。
ただ問題は南方戦線は考慮してなく、その上輸送が間に合わなかった。

無題
Name 名無し 15/01/02(金)09:33:20  No.359896
1420158800125
>・・・とか言い出す無茶苦茶な偉い人は居なかったの?

日本陸軍の食生活改善に大きな働きを果たした丸本彰造さんという主計将校さんがおられるんですが、この方が1923年の「陸軍主計団記事」で当時陸軍内にはびこっていた「梅干し主義」を批判してたりするんですが
この「梅干し主義」なるものは何かと言いますと

「『何でも腹一杯に食えばよい。品物は何でも構わぬ。料理法なんてどうでもよい。野戦的(略)にやればよい。食事の事に顧慮するのは愚の骨頂だ、前へ前へだ。過去戦勝は梅干しの握り飯で勝ったのだ』と唱えるもの」

…だったそうでして
丸本さんも恐らくは散々こういう非科学的な(実際の戦史に照らしても不適当な)考えに基く抵抗を受けたのであろう事も察せられますな

無題
Name 名無し 15/01/02(金)09:34:07  No.359898
1420158847887
ただ逆に言えば先述の例のように、こういう旧弊を払って兵食を改善しようという不断の努力を続けた方々も陸軍内には常におられたわけで
例えば1929年に岡山の連隊に入営した棟田博さんなんかは著書「陸軍いちぜんめし物語」の中で
「母が面会に来てくれて、どんなものを食べているのか案じているというので、家よりは御馳走を食べているというと、信じられない顔つきをしたが、事実、あの時代の一般家庭の食事に比べるとたしかに当時の軍隊の食事は上等であり、御馳走の名にふさわしいもんだったと思う」
なんて書き残しておりまして、この頃にはもう随分と兵食の改善が進んだことを窺わせてたりします

「戦闘機○○を設計した」とか「○○式●●砲を開発した」とか
ある意味分かりやすい功績に比べてたらよほど記録には残りづらいですけれど
軍隊の戦力向上に貢献した、と言う意味なら
「梅干し主義」打破に働いた無名の方々の功績ってのも、かなり大事なものだった気がしますなあ…w

無題
Name 名無し 15/01/02(金)23:43:43  No.360014
>一般家庭の食事に比べると
>たしかに当時の軍隊の食事は上等であり、御馳走の名にふさわしいもんだったと思う」なんて
当時の一般的な農家では肉や魚は盆か正月しか食べられない程の貴重品で農村出身者はの中には軍隊で生まれて初めて肉を食べたのなんて人もザラだったみたいね

無題
Name 名無し 15/01/02(金)12:25:33  No.359915
基地内の厨房で調理する場合はともかく野戦となると
海軍は厨房ごと移動するし食料庫も完備
陸軍は車両に分乗して移動し現地で設営
作る側にしてみれば海軍のほうがずっと恵まれている気はします

無題
Name 名無し 15/01/02(金)15:13:11  No.359934
 
これも海軍の要請で開発されたもの

無題
Name 名無し 15/01/02(金)15:29:27  No.359937
シェフ村上信夫氏の帝国ホテル料理物語によると
中国戦線でも村上氏の料理の腕前は前線の士気を維持するのに覆いに活用されたらしい

無題
Name 名無し 15/01/02(金)17:48:53  No.359956
カレーといえば海軍が有名だが陸軍もカレーをよく作っていた

無題
Name 名無し 15/01/02(金)21:04:04  No.359981
>中国戦線でも村上氏の料理の腕前は前線の士気を維持するのに覆いに活用されたらしい

前線でカレーを作ったら上官に『そんな匂いの強い物を作ったら敵にばれるだろ!』と怒られたという話を聞いた事が
(そのあとこっそり『俺にも食わせろ』と言ってきたと言う話も)

他の人のエピソードだったかも知れないけど

無題
Name 名無し 15/01/02(金)22:54:24  No.359999
陸軍「辛味入汁掛御飯」

無題
Name 名無し 15/01/02(金)20:24:09  No.359973
俺は陸軍のパイロットが機上でどんなもの食べていたか知りたい。

無題
Name 名無し 15/01/02(金)23:37:38  No.360011
>陸軍のパイロットが機上でどんなもの食べていたか
ヨウカンとか食べてたような・・

無題
Name 名無し 15/01/03(土)04:22:21  No.360032
陸軍だとかんぴょう巻きは聞かないし、稲荷缶も聞かないが戦記だと機上で乾パン食ってる話はあった。

無題
Name 名無し 15/01/03(土)20:43:53  No.360101
自衛隊は国土防衛専門だからありえないけど、余所の国の戦争なら、占領した都市で色んな食材確保してコックが毎日の献立に頭を悩ませるんだろうな
こうした戦闘後の旨味は、海軍には無いよね

無題
Name 名無し 15/01/03(土)21:07:46  No.360104
玉ようかんが飛行機乗りの栄養補給用に開発されたなんて話はよく雑学本に載ってる

無題
Name 名無し 15/01/03(土)22:39:04  No.360115
1420292344205
陸軍の航空糧食については「日本の兵食史(鈴木紀之・著)」が結構詳しく紹介してるんですけれど
基本的に航空弁当はやっぱり海苔巻・稲荷・サンドイッチ・チューブ入りチョコレート・ゴム玉羊羹・蜜柑・バナナといった持ち運びやすくて場合によっては片手で食べられるモノが推奨されちょりまして

これに陸軍航空技術研究所で開発された各種補助食品
(ビタミン食、航空元気酒、疲労回復酒、防吐ドロップetc)が組み合わされて支給されてたそーです

他に特徴としては航空での乾燥を防ぐためにサンドイッチは巻きずしみたいな巻きサンドイッチにして紙で包んだり、或は果物そのものを皮ごと溶解したパラフィンに漬けて密封するよう指示されてたり

飛行中急激に失われる水分補給に留意すべしと注意がなされてたり結構きめの細かい配慮がなされてたようですな

無題
Name 名無し 15/01/03(土)22:41:02  No.360116 
1420292462240
ただ勿論こういう潤沢な補給も戦況や現地の状況に左右されるところが大きく

例えばニューギニアのホーランディア飛行場に展開していた飛行第6師団の場合、1944年3月30日/31日に米陸軍航空隊の攻撃で在地機120機余りを一気に破壊され

更に4月21日の米艦上機による空襲、翌日の米軍上陸を受けて西方約180キロ先のサルミまで後退を余儀なくされたんですが

当然満足な車両もなく移動は熱帯の密林を徒歩、糧食も米軍に倉庫を占拠されたために一人当て5日分に過ぎず
4月26日から移動を開始した空中勤務者から飛行場大隊員まで含んだ約7千300名の内、5月末までにサルミの第36師団に収容された人員は約3千700名に過ぎなかったそうです

実に約半数は飢えと疾病により密林に消えた計算になるんですがその後終戦まで生き延びたのはわずか500名、内地に生還した人数325名と言いますから
現地の環境の苛烈さは想像を絶するものがありますな、これは

無題
Name 名無し 15/01/03(土)22:42:22  No.360117 
1420292542046
因みにサルミへの移動中に地上で斃れた空中勤務者の中には
通算38機撃墜の記録を持つ垂井光義中尉(飛行68戦隊)同26機の斎藤正午少尉(飛行78戦隊)
といったエース級の方々も含まれてたりするんですが
空中勤務者だけでなく、多数の飛行場設営隊、飛行場大隊、整備隊、航空通信連隊、野戦気象隊等の地上支援部隊も多数の人員機材を一挙に失ったことで以降の作戦に非常に支障を来したそうなんですがこれはまあ余談ですな

とはいえこれにより飛行第6師団は結局その後解体、日本で一番最初に全滅した飛行師団って事になるんだそうですが、貴重なパイロットその他の人材が乗るべき機体を失って、地上で飢えや戦闘に斃れる悲劇はこの後のフィリピンでの戦闘でまた繰り返されるわけでして
この辺はもう戦史読んでても辛くなる一方ですな

まあ、負け戦の記録ってのはそんなもんかもしれませんけど…

無題
Name 名無し 15/01/04(日)10:09:55  No.360173
>或は果物そのものを皮ごと溶解した
>パラフィンに漬けて密封するよう指示されてたり

ホ、ホントに食べれるの?

無題
Name 名無し 15/01/04(日)11:44:45  No.360184
柑橘類は今でもパラフィンに漬けてあるよね。

無題
Name 名無し 15/01/03(土)23:21:36  No.360123
関係ないけど日露戦争での戦死者のおおくは当時難病だった脚気
陸軍は森鴎外を中心に脚気菌があると信じ多くの死者をだしたが、海軍は統計的に栄養バランスが重要と麦飯など食事を出す事によって脚気による死者を防いだ

無題
Name 名無し 15/01/04(日)09:40:24  No.360169
陸自、海自、空自に海保の中で一番うまいのはどこなんだろうね
飯しか楽しみがない海自がいい食材を使ってそうだが
民間がはいっている伊丹の陸自は学食レベルだったけど

無題
Name 名無し 15/01/04(日)16:41:01  No.360216
糧食作りも教育の内の陸自が、専門職を有する海自に負けるのはわかる。
ただ、なぜ専門職を有する空自で良い評判を聞かないのだろうか。

無題
Name 名無し 15/01/04(日)17:42:13  No.360219
20年位前に新田に見学行った時は
食堂でフォアグラ食わせてもらった。
それが人生初フォアグラだった。

無題
Name 名無し 15/01/04(日)17:43:46  No.360220
一時期の肉じゃが発祥地を主張する、呉、佐世保、舞鶴、横須賀の無邪気な論争はなんだったんだろうか?

海軍カレーは5-6種類試したが、可もなく不可もなく癖の無い食べ易いものだという感想だ
ただ海軍カレーの箱の青い奴は高い
三笠のシルエットの横須賀海軍カレーは黄色みの強くて甘いお子様向けに感じた
新田原の航空隊海軍カレーは箱の写真がこっていて気合いを感じた

無題
Name 名無し 15/01/04(日)19:34:12  No.360233
そんな自衛隊カレーマニアには、岩国の飛行艇カレーを駅の売店でも売っているよ

無題
Name 名無し 15/01/04(日)22:26:52  No.360264
陸自の仕事は空自と海自が壊滅した後だから、満足にメシを食える状況じゃない
というわけで平時からマズイ飯に慣れさせてるんだろ

無題
Name 名無し 15/01/06(火)16:03:38  No.360488
>陸自の仕事は空自と海自が壊滅した後
これからは離島防衛やアメリカと歩調合わせた海外派兵とか来るだろうから飯が不味かったら守れないし攻めれない。なのでそれは流石に無いと思う。

無題
Name 名無し 15/01/04(日)22:59:45  No.360266
空は味よりも栄養とか体調管理を重視してそうな気がする

無題
Name 名無し 15/01/04(日)23:04:30  No.360267
陸海空とか言っても駐屯地や基地や栄養士によるでしょ
関西の某駐屯地の飯は結構うまかったし北関東の某基地の飯は糞まずかった

無題
Name 名無し 15/01/08(木)14:37:57  No.360804
>No.360169
あくまで個人的な判定で

レーダーサイト≒護衛艦>航空団≒海自基地>空海教育部隊≒or>陸自

一番大きいのはそこの栄養士と給養or糧食の長、ベテランの手腕ですがね。
我が基地にFTXを終えた陸自さんが来た時、昼飯と晩飯を食べて行かれましたが特別なメニューでは無いのに陸士や陸曹の方々がとても感動していたのが印象的です。

その後、同じ部隊が演習前に来ましたが、3日間分の糧食を「まとめて今晩温めてくれ」とお願いされました。
No.360264のレスじゃないですが、彼等には「飯」と言うより「栄養分」と言った方が良いのかなと思
いました。

無題
Name 名無し 15/01/08(木)17:54:34  No.360834
基本的に陸海空でそれぞれ食費も違う

お金のかかってるのは艦艇食と航空食、陸の食事は前二者の七割ぐらいの予算で作られている
引用元: http://may.2chan.net/39/res/359564.htm

<管理人>
自衛隊の方々には不愉快な話だったかもしれませんが、帝国陸軍の兵食についてmesh様が興味深い話を掲載されていましたのでまとめました。
管理人は富士学校で食事をしたことがありますが、とても美味しいと感じました。
自衛隊経験者の方いらっしゃいましたら、食事にまつわる面白いエピソードなど教えてください。また、帝国陸海軍の兵食についても面白い話をお待ちしています。

写真で見る日本陸軍兵営の食事
写真で見る日本陸軍兵営の食事
posted with amazlet at 15.01.11
藤田 昌雄
光人社
売り上げランキング: 346,207