無題 Name 名無し 14/12/15(月)20:27:47  No.1097137
Cold_War_Map_1980_svg
ソ連が崩壊して冷戦が終結した当時の世間の空気ってどんな感じだったの?
核戦争の危機から解放されて希望に満ち溢れていた感じ?

冷戦史 -その起源・展開・終焉と日本-
松岡 完 広瀬 佳一 竹中 佳彦
同文舘出版
売り上げランキング: 381,047

無題
Name 名無し 14/12/15(月)20:42:13  No.1097139
まー核戦争の恐怖は皆無って感じになったなー。

無題
Name 名無し 14/12/15(月)21:37:27  No.1097150
プレッシャーがなくなった感じ
どこかの紛争がきっかけで核戦争が起きるかもって危機感が常に頭の隅にあったからなあ
湾岸戦争が起きたのに核戦争につながるかも知れないってマスコミの煽りがなかったのが冷戦の終わりを実感させた

無題
Name 名無し 14/12/15(月)22:54:52  No.1097159
>プレッシャーがなくなった感じ
>どこかの紛争がきっかけで核戦争が起きるかもって危機感が常に頭の隅にあったからなあ
>湾岸戦争が起きたのに核戦争につながるかも知れないってマスコミの煽りがなかったのが冷戦の終わりを実感させた
その代わり民族・宗教に基づく紛争やテロが流行ると当時から予測していた人っているのかな…

無題
Name 名無し 14/12/15(月)23:03:21  No.1097167
>その代わり民族・宗教に基づく紛争やテロが流行ると当時から予測していた人っているのかな…
その時点で十分流行ってた

無題
Name 名無し 14/12/16(火)01:14:08  No.1097192
>その代わり民族・宗教に基づく紛争やテロが流行ると当時から予測していた人っているのかな…
冷戦終結とソ連崩壊の間に少しタイムラグがあって、その間は楽観的な意見が多かった。
でもソ連崩壊は民族紛争を伴ったので、その頃にはこれからは民族紛争の時代だみたいな空気になって、特にユーゴ内戦でそれが一層強くなった。
宗教対立やテロが大きくクローズアップされたのは、2001年からじゃないかな?

無題
Name 名無し 14/12/16(火)23:33:07  No.1097331
>その代わり民族・宗教に基づく紛争やテロが流行ると当時から予測していた人っているのかな…

 
マーチン・ファン・クレフェルトの「戦争の変遷」かな。
1989年ごろの著書とのこと。
訳もしっかりしているので読みやすいです。

無題
Name 名無し 14/12/16(火)23:47:51  No.1097337
>その代わり民族・宗教に基づく紛争やテロが流行ると当時から予測していた人っているのかな…
崩壊前からバルト三国の離反やアルメニア・アゼルバイジャンの民族抗争が火を吹いていたけれど
崩壊後は国際社会が何とかしてくれるんじゃないかと無邪気に思っていた在りし日の歌

無題
Name 名無し 14/12/15(月)22:19:57  No.1097152
「これで世界に平和がおとずれる!」系の楽観的な事語る
コメンテーターや一部新聞はあったな。

無題
Name 名無し 14/12/15(月)22:37:53  No.1097155
テレビ「東西冷戦が終結しました!」
当時子供だった俺「・・・・お、おう」

無題 Name 名無し 14/12/15(月)23:54:13  No.1097176
歴史の教科書に載るような出来事をリアルタイムで見てるんだなって高揚感はあったよ
世の中よくなるだろうなとも思ったし、実際よくなったんじゃないかな?
例え今がどんなに酷い時代だとしても、たぶん

無題
Name 名無し 14/12/16(火)00:24:34  No.1097184
ザ・デイ・アフターという「もし核戦争が本当に起こったら?」というアメリカのTV番組が世界ロードショーに発展するくらい、核戦争への恐怖感が切実にあった

あと、パスポートを持っていても西側の人間は難癖付けられて拘束されると信じられていたから
東側に旅行しようなんて考える人間は極少数だった

無題
Name 名無し 14/12/16(火)00:35:30  No.1097185
まだ子供だったので、どこのチャンネルでも同じようなことをやっていてつまらなかった覚えがある。

>あと、パスポートを持っていても西側の人間は難癖付けられて拘束されると信じられていたから
>東側に旅行しようなんて考える人間は極少数だった
ソ連に旅行に行った人の話で、細かいスケジュールを役所に提出する必要があったとか。
んで目的の駅とかにつくと毎度毎度、親切な人がやってきて見たかった場所を案内してくれたって聞いて噴いた。
そりゃ細かいスケジュールをもらわないと無理だわな。

無題
Name 名無し 14/12/16(火)07:15:00  No.1097218
やたー北方領土が還ってくるんじゃね!?
・・・あれ?

無題
Name 名無し 14/12/16(火)06:44:36  No.1097217
ソ連は理想郷だから民族問題は解決済という考えが(左翼陣営は)圧倒的だった
核(兵器含む)すら正義と考えられてたんだから

チェルノブイリで幻想は粉々になったがなw

無題
Name 名無し 14/12/16(火)09:32:20  No.1097226 
>ソ連は理想郷だから民族問題は解決済
左翼学者の懺悔と弁明が一杯出て面白かった
共産党の志位さんが落ち込んで科学者との対談本出したりしたし
それで科学的な左翼が皆転んで空想的なサヨクが残ったけど

無題
Name 名無し 14/12/16(火)12:19:42  No.1097252
メディアが当時と現在では違うんだよね。
当時はまだマスメディア全盛の時代で、情報はいろいろな勢力により「制限」されてたし、伝達も遅い上、文字情報やせいぜい写真程度で情報量も少なかった。動画なんてテレビ局が取材に行かないとまず見られない時代。
今はインターネットで個人が世界に喧嘩を売れる時代。

無題
Name 名無し 14/12/17(水)00:08:46  No.1097342
当時20代初めだったが、自分は核戦争で死なないで済むんだと割とマジで思った
少し経って過大な軍事費を支出させ、ソ連を崩壊(破綻)に追い込んだアメリカが冷戦の戦勝国だと言う話を聞いて、なるほどと思った

冷戦を終結させたのは理想やヒューマニズムではなく、「無い袖は振れない」と言う
単純で冷徹な経済原則なのかもしれない

無題
Name 名無し 14/12/17(水)00:25:12  No.1097346
>ソ連が崩壊して冷戦が終結した当時の世間の空気ってどんな感じだったの?
ソ…じゃなくて、ええと、し、CIS…
>細かいスケジュールを役所に提出する必要があったとか
今でも泊まるところを決めないと露はビザが下りないんじゃなかったっけ
旧ソ連国だと出国時にレギストラチアという宿泊証明を要求する国もある
>その代わり民族・宗教に基づく紛争やテロが流行ると当時から予測していた人っているのかな…
民族宗教ではないが、戦争からイデオロギー色が消えたという分析をして堺屋太一が「局地的領土紛争が増える」と予測していたソ連末期

無題
Name 名無し 14/12/18(木)06:32:49  No.1097464
ジェームスボンドさんが失業しちゃう言われてたな
>それで科学的な左翼が皆転んで空想的なサヨクが残ったけど
2000年頃に共産党の学生組織が共産主義をバカにされるなか科学的社会主義を唱えて学生を勧誘する特集を報道特集でやってた覚え
共産党もTBSも懲りねぇな思いながら見てた

無題
Name 名無し 14/12/18(木)12:48:48  No.1097479
ガキのころさ、太平洋艦隊にフルンゼが配備されたんだ
海上自衛隊がたばになってもかなわない化け物と言われてたんだけど何でだろ?
ハープーンがまだ装備されてなかった頃だったのかな

無題
Name 名無し 14/12/18(木)13:50:15  No.1097483
フルンゼが来た85年の頃って、4000トンのはつゆき型が最新鋭だったもん
ハープーンの配備もようやく始まった頃で、大半の護衛艦には対潜・対空装備しかなかった

そんな時に射程700キロの対艦ミサイル20発積んだ2.4万トンの巨艦が来れば、そら騒ぎになるわ

無題
Name 名無し 14/12/18(木)17:50:22  No.1097504
確かに新時代が来ると思っていたがユーゴスラビアの内戦を見て世の中甘くないと思った…

無題
Name 名無し 14/12/18(木)21:00:44  No.1097511
キーロフ級やキエフ級が揃ってた全盛期のソ連艦隊に当時の空自と海自で果たしてどの程度対抗出来たんだろうか

無題
Name 名無し 14/12/19(金)16:19:26  No.1097565
クーデターが起こったのはちょうどソ連崩壊の時だっけ?

無題
Name 名無し 14/12/19(金)19:18:33  No.1097579
あのクーデターも結局ソ連崩壊を加速させたというか
事実上ソ連にトドメ刺しただけだったな
一体何がやりたかったのか

無題
Name 名無し 14/12/19(金)19:50:01  No.1097581
ゴルバチョフを別荘に軟禁したんだったか
体制が崩壊するのをとにかく押しとどめようとしたんだろうなあ
崩壊し始めた堤防を手で押さえるがごときドタバタ劇

無題
Name 名無し 14/12/19(金)20:20:22  No.1097584
91年夏のクーデター?あれの処理でエリツィンが実権握ったんだっけ
ゴルバチョフにちなんでゴルビーっていう品種のブドウがあることを最近知った
そりゃゴルビーならいい名前だな
プーチンだったら危険すぎて食う気しない

無題
Name 名無し 14/12/19(金)21:29:38  No.1097590 
>あのクーデターも結局ソ連崩壊を加速させたというか
あれの極初期段階で親衛戦車旅団のあのマーク付けた戦車がクーデター側にいた、あ、成功するわと思った

無題
Name 名無し 14/12/19(金)21:36:44  No.1097591
クーデターの時モスクワの短波放送が止まってな
「あーこりゃマジだわ」と思った

無題
Name 名無し 14/12/19(金)23:27:24  No.1097600
クーデターの直後ヤナーエフが「ウゴウゴルーガ」に出てたわ
「おいこれマジかよ」と思ったな

無題
Name 名無し 14/12/20(土)20:03:24  No.1097658
> クーデターの直後ヤナーエフが「ウゴウゴルーガ」に出てたわ

それ、多分、記憶の混乱が起きてるよ。
ゲンナジー・ヤナーエフだよね。8月クーデターは1991年8月19日勃発で同日中に失敗確定。ただし正式には8月22日のゴルバチョフ・モスクワ帰還、または24日のゴルバチョフ・書記長辞任が終結点?

でもって「ウゴウゴルーガ」がフジテレビで放映されたのは1992年10月5日から1994年3月25日。
重なりません(笑)

無題
Name 名無し 14/12/19(金)20:37:28  No.1097588
ベルリンの壁崩壊はインパクトあったな。
東西ドイツ統合は、まだうまくいったほうかも。
アラブの春に比べればな。

南北朝鮮が統合したところで、けっきょく経済的・文化的・身分的な溝を埋められず内戦おこしそう。
で、互いに謝罪と賠償を求め合うんだ。

無題
Name 名無し 14/12/20(土)19:41:11  No.1097654
> ベルリンの壁崩壊はインパクトあったな。

ってか、1989年は激動だったよね。
昭和 ⇒ 平成で始まったからねぇ...
2月の大喪の礼の裏でソ連のアフガン撤退。3月は大規模磁気嵐。女子高生コンクリート詰め殺人。4月が朝日のKY事件。
6月は天安門事件の一方でポーランドの自由選挙。連帯!
8月は宮崎勤逮捕。9月はUTA航空772便爆破事件。10月はハンガリー。11月はベルリンの壁にチェコスロバキア・ビロード革命
12月にマルタ会談で冷戦終結宣言、パナマ侵攻、チャウシェスク政権崩壊。東証大納会で日経平均史上最高値。後はバブル崩壊に向けて...

大学生だった私は、ベルリンの壁を目にすることが出来なくなって失意に襲われていた...まさか無くなるなんて考えもしていなかったから、「バイトして金溜めてヨーロッパに遊びに行ってベルリンの壁を見るのが大学時代の目標!」と定めていたのに...orz

無題
Name 名無し 14/12/19(金)20:42:45  No.1097589
とにかく全面核戦争で人類が滅ぶ危険性は去った、よかった!てな空気はあった。

朝生では社民党(まだ社会党だったっけ?)はじめサヨクの方々はこれで世界平和が訪れる、ソ連の脅威がなくなったから自衛隊の存在意義はない、唯一スーパーパワーのアメリカは核を放棄しる!なんて言ってたな。

あのころもう宮崎哲弥もいたと記憶してるけど彼ら右派はソ連という力の統治の空白地帯とくに中央アジアでの民族の対立と独立の紛争が頻発すること東欧諸国での貧富の差が激しくなり破綻する国がでるだろうこと核技術の拡散で核保有国が増えるであろうことなどなど非常に現実的に見ていた。

無題
Name 名無し 14/12/20(土)11:07:56  No.1097626
フルメタルパニックだとアフガン侵攻がソ連の大勝利に終わったから2000年代初頭までソ連が存続している設定だったがあの戦争一つでそこまで変わるものだろうか?

無題
Name 名無し 14/12/20(土)11:26:24  No.1097628
イラク戦争に大勝利したアメリカのザマを思えば
軍事財政上のお荷物が増えて崩壊が早まるだけだな

無題
Name 名無し 14/12/20(土)18:24:18  No.1097650
>フルメタルパニックだとアフガン侵攻がソ連の大勝利に終わったから2000年代初頭までソ連が存続している設定だったがあの戦争一つでそこまで変わるものだろうか?

ありゃ別にアフガン再侵攻だけが相違点じゃないから。中東戦争に中国内戦やら各地の紛争が活発化してて武器も売れるしパラジウムリアクターの開発でエネルギー問題もほぼ問題なしであればソ連も延命もされるでしょ

無題
Name 名無し 14/12/20(土)19:45:46  No.1097655
間抜けな報道官の勘違いで壁崩壊したように言われてるけど
アレは確信犯というかわざとやったんじゃないかと睨んでる

無題
Name 名無し 14/12/20(土)19:59:30  No.1097657
当時自分はスペイン留学してたんで欧州の激動は身近なものだった。
昭和天皇崩御も学校の先生が飛んできて教えてくれた。
王制のスペインでは大きく取り上げられてた。
冷戦時のベルリンやポーランド、チェコ、ルーマニアに行ったけどそりゃ空気が暗いのなんの。
ハンガリーだけは西欧との中間って感じだったけど。

西欧人にとってはソ連の危機ってのはリアルなので崩壊を喜んでたが俺は核の拡散の方が心配だった。
なのでバルト三国独立の署名を断ってひんしゅくを受けた事がある。

無題
Name 名無し 14/12/22(月)16:33:39  No.1097854
祖父でさえ戦後生まれなのですがその祖父は1964年東京オリンピックの各国の行進を見て感動しこれで世界平和への道が開くと喜んでいたら
普段は若い世代に口出ししない寡黙な祖父の父や祖父から揃って
「お前はまだまだ甘い!」と怒られびっくりしたそうな

ソ連がロシアになって父が同じ事を言ったら以下略
歴史は繰り返す・・・さて自分は何の件で父や祖父に怒られるのだろう?

無題
Name 名無し 14/12/22(月)20:56:18  No.1097868
裏の戦闘機映画スレにファイアフォックスがあるけど前半の雰囲気がソヴィエトのイメージそのものだったね。

無題
Name 名無し 14/12/22(月)21:14:33  No.1097873
パスポートが生命線の西側旅行者にとって
「このパスポートおかしいですよ?」言われるのは切実な恐怖

無題
Name 名無し 14/12/23(火)18:27:21  No.1097984
クーデター側の人間が全然死刑もなしで後で選挙にも出たりしたのが衝撃だった。ああソ連は変わったのだなと
引用元: http://cgi.2chan.net/f/res/1097137.htm

<管理人>
管理人はソ連崩壊時、まだ小学生でしたのであまり覚えておりません。
皆様はどんな感じでしたか?

冷戦の起源I (中公クラシックス)
永井 陽之助
中央公論新社
売り上げランキング: 444,113