無題 Name 名無し 14/09/14(日)11:44:17  No.341831
模造銃(装飾品) デニックス 1105 M1 ガーランド USA 1932年 

もしも1950年代に米ソが激突していたらソ連のAK-47に対して、米軍はM1ガーランドで対決していたわけだが、実際にはどのくらい対抗できるものなんだろうか?

WWIIではAK-47に性能が近いStg44をドイツ軍が配備していたが、ガーランドに比べて遥かに数が少なかったので互角の条件とは言えないだろう。

無題
Name 名無し 14/09/14(日)12:28:48  No.341834
どのくらい対抗できたか分からんが史実より早くM14が開発されたかもしれない

無題
Name 名無し 14/09/14(日)12:36:14  No.341835
戦争は小銃だけや歩兵数人でやるものではないもので・・
ソ連は圧倒的砲兵火力と戦車で歩兵を圧倒しようとするし、米軍は有力な航空兵力(や戦術核兵器含め)を投入して歩兵を圧倒するだろうし

歩兵分隊だけの戦闘で錬度同じというなら、地形次第となるけどまずまず互角じゃないのかな?

無題
Name 名無し 14/09/14(日)16:39:31  No.341867
>AK-47に対して米軍はM1ガーランド

アフリカや中東とか、ロングレンジの戦場だったら、
ビックリするほどの使い勝手の差は出ないんじゃないか?

無題
Name 名無し 14/09/14(日)16:56:47  No.341869
>ビックリするほどの使い勝手の差は出ないんじゃないか?
ガーランドもAKも普通はバリバリ連射するもんじゃないしな

無題
Name 名無し 14/09/15(月)11:39:30  No.342004
>ガーランドもAKも普通はバリバリ連射するもんじゃないしな

AKはどっちかというと有効射程短めでバリバリ撃つ銃だと思ってた

無題
Name 名無し 14/09/14(日)17:57:41  No.341885 
AK47の実戦デビューって何時?
朝鮮戦争ではないよね?

無題
Name 名無し 14/09/14(日)22:59:56  No.341936 
>AK47の実戦デビューって何時?
1953年の東ベルリン暴動時に確認されたという報告書もあるがこれは真偽不明
ちゃんと記録にあるのは1956年のハンガリー動乱が初めてと言われている

無題
Name 名無し 14/09/14(日)18:07:34  No.341888
プラハの春の頃にはもう配備してるしね

無題
Name 名無し 14/09/14(日)23:00:49  No.341937
トライアルが終わって制式に採用されたのが1949年

無題
Name 名無し 14/09/14(日)23:49:07  No.341948
だがカラシニコフの回顧録によると軍当局が設計局に制式採用の通知を出したのが1948年の1月とある。
当初の正式名称はただの「AK」だったが、50年代末に改良型の「AKM」が採用されると、それに伴い名称が「AK-47」に変更された。
回顧録の情報に基づくなら「AK-48」になるのが妥当なんだが、なぜ「AK-47」になったのか不明だ。
それからレシーバーの工作方法や銃床の取り付け方法などでI~III型(NATOによる分類名称)に分かれるが、このIII型の生産が始まったのが1953年頃と言われている。
海外に輸出されたソ連製AK-47のほぼすべてがIII型で、それまではSKSとPPS-43が輸出されていた。

無題
Name 名無し 14/09/16(火)10:44:06  No.342089
>だがカラシニコフの回顧録によると軍当局が設計局に制式採用の通知を出したのが1948年の1月とある。
ソ連の新学期は9月だが、年度末って概念はソ連にあったっけか?
もしあれば1947年度ってことになるが・・・いや、なかったような・・・

無題
Name 名無し 14/09/15(月)16:06:47  No.342024 
>AK47の実戦デビューって何時?
>> 1953年の東ベルリン暴動時に確認されたという報告書もあるがこれは真偽不明
>> ちゃんと記録にあるのは1956年のハンガリー動乱が初めてと言われている

銀幕デビューは1955年のコメディ映画らしいから、何かその頃なんでしょう

無題
Name 名無し 14/09/15(月)00:40:18  No.341958
>実際にはどのくらい対抗できるものなんだろうか?

戦場によって異なるとしか言いようがないね。

本来小銃で想定されていたような距離ならガランドのほうがかなり有利だけど、ジャングルとかそれより近距離だったらAKの方が有利になる。

戦場によってはベトナムでM-16がAKに圧倒された状況と同様、AKがM1に圧倒される場合も考えられる。

無題 Name 名無し 14/09/15(月)12:03:25  No.342005
>ソ連のAK-47に対して米軍はM1ガーランドで対決していたわけだが
間をとってM1/2カービンとSKSも重宝されそう
主力小銃より生産数多かった騎兵銃VS短期間ながら主力小銃

無題
Name 名無し 14/09/15(月)15:51:29  No.342020
野暮は承知の上でマジレスすると、50年代に米ソが戦争始めたら、アメちゃんは大量報復戦略に従って問答無用で核を全面使用していたからマトモな陸戦はまず起きない。
敵の陸上部隊にもお構いなしで先制核攻撃、それも過剰なレベルで。

無題
Name 名無し 14/09/15(月)16:02:16  No.342021
冷戦時代の米ソ陸軍は戦術核が飛び交う最中やその後も殴りあう想定だったけどね

無題
Name 名無し 14/09/15(月)18:41:34  No.342031
>>敵の陸上部隊にもお構いなしで先制核攻撃、それも過剰なレベルで。

当時の米ソのドクトリンに従うと、だいたい米の同盟国が焦土になってしまうわけなので、実際には理屈の上ほど無尽蔵に核攻撃はできなかったと思うね。
戦術核だと、ソ連の根っこ叩けないし、戦略爆撃は50年代だとミグの群れ相手に突破できるかどうか怪しいし。
通常戦力の押し引きの中でここぞというタイミングで数発使えるかどうかだったんじゃないかなぁ。

無題
Name 名無し 14/09/15(月)20:23:48  No.342039
>通常戦力の押し引きの中でここぞというタイミングで

でも当時のアメちゃんは何を差し置いても核優先で通常戦力は痩せ細っていたから、核を先制して使わないとソ連軍の侵攻を食い止められなかったと思う。

無題
Name 名無し 14/09/16(火)17:51:27  No.342125
核戦争云々考えるならやっぱりガスマスクに防護服があるから狙いにくいし原子野の戦闘なら開けてるから光学機器や遠距離射撃が重視されて今ある進化と別の道を歩んだかも

無題
Name 名無し 14/09/15(月)21:00:28  No.342044
当時のソ連歩兵マガジン携行定数は、初期パウチから判断すると4本(本体の1本含む)=120発
この数なら基本はセミで野戦すると思う

米軍のカートリッジベルトは10クリップ=80発
準備された戦闘なら他にバンダリア1本携行で48発のプラス

ちなみに我が軍の大戦中の腰回り弾薬携行数も120発だし、これくらいが歩兵の基準で携行弾薬数にもあまり差がないね
(というか差がないようにしてるんだろうけど)

無題
Name 名無し 14/09/17(水)02:56:47  No.342207 
Enfield_bullpup_prototype
(画像引用元)wikipedia

出番が巡ってきたかも知れぬ
引用元: http://may.2chan.net/39/res/341831.htm

DENIX(デニックス) AK47カラシニコフ [1086]
デニックス
売り上げランキング: 109,163