無題 Name 名無し 14/03/29(土)19:26:27  No.1064070
日中戦争―和平か戦線拡大か (中公新書)
ところで事変という、ことば・・・日華事変・・・満州事変等の言葉、戦争していません~事変ですとのこと

日本人のファジーな国民性ですよね。

例えば、今の若い人は人にモノを教えるときに、
これは、「こんなふうにするんですよ」。
ではなく、「こんなふうにしたほうがよいですよ」。

戦闘、危機管理等では失敗をおそれず○✖のはっきりした欧米式のモノの考え方のほうがよいのかな。

たとえば、防空戦闘機を上げていたほうが良いよ。
ではなく・・・
日中戦争 殲滅戦から消耗戦へ (講談社現代新書)
小林 英夫
講談社
売り上げランキング: 51,743

無題
Name 名無し 14/03/29(土)22:49:06  No.1064129
 
1396100946635
>日本人のファジーな国民性ですよね。

支那事変を宣戦布告して正式な戦争にするかどうか、ってのは結構当時の日本で真剣に検討された事案だったんですよ

宣戦布告を行って正式な戦争にしたい!!ってのはもっぱら現地で戦いを指揮する立場の方々の主張でして、これはなんでかって言いますと要は宣戦布告した正式な戦争でないと

海関接収や金融処理等、通常の国際戦争法規で認められている軍政を日本側の手で行う根拠が出来ないからなんですね

一方、そういうメリットを敢えて捨てても宣戦布告は望ましくない、ってのが軍中央および日本政府の方針なわけですが、この根拠になったのが

1937年に企画院次長および陸軍・海軍・大蔵・商工・外務省の各次長が参加して構成された内閣第4委員会による宣戦布告の利害研究の結果なんだそうで

無題
Name 名無し 14/03/29(土)22:51:16  No.1064131 
1396101076921
これによりますと、まず宣戦布告した場合の日本の利点は

・我が艦隊による中立国船舶の臨検・戦時禁制品の輸送停止(積荷押収)戦時封鎖が可能
・軍事占領、軍政施行等の交戦権の行使ができる
・賠償を適法に請求できる

…ことだそうで
逆に言えば宣戦布告しない限り、アメちゃんやドイツ、ソ連といった第三国が中国側に支援を行っても日本側は差し止めできないわけなんですな
(実際にはあの手この手で日本側も妨害には走っておりますが)

無題
Name 名無し 14/03/29(土)22:55:13  No.1064133 
1396101313952
一方宣戦布告した場合の日本が被る不利益としては

・米国中立法の発動により貿易・金融・海運・保険への甚大な影響
・中国に有する治外法権・租界・団匪賠償金その他の条約上の権利の喪失
・宣戦布告による直接交渉の困難化による時局収拾の遅延
・中国全国民を敵とする事となり、帝国声明と矛盾
・不戦条約、9ヶ国条約違反

…等が挙げられてまして、結局これらの不利益が正式に宣戦布告した場合のメリットを上回るとこの時点で判断されたからこその「事変」だったわけですな

「戦争でなく事変だ」というのは一応当時の日本指導部がそれなりに国家の利害損得を計算して選んだ政策の結果なわけで
これらの諸事情は裏返せば中国側も同じですから、宣戦布告を行わず中立国、特に米国との密接な関係を戦中も維持したいというのは、日中どちらにも共通してた認識なんですな

無題
Name 名無し 14/03/29(土)23:01:29  No.1064134
1396101689931
ただ結局、占領下に直接軍政が敷けない日本側としては
現地に親日政権を分立させて占領地工作に当たらせる道を選択せざるを得なかったわけなんですが、コレも結局国民党政権との間の停戦交渉上はむしろ阻害要因にしかなり得ないわけでして

そうして時局の収拾が長引けば、戦場となっている中国、或は日本が相手にしてる国民党政権に多大な利権を有する欧米諸国のご機嫌も当然どんどん鬼おこプンプン丸なわけで

結果宣戦布告回避で日本が繋ぎ止めたかったはずのそれらの国との関係も悪化した上、それがまた中国への支援や戦線の泥沼化に拍車をかけて
最終的には中国どころか対英米全面戦争まで行き着く元になってくんですからこの辺、後から見るともう少しどうにかならなかったのかなあ、って所なんですけどね

まあ混乱の中で将来につながる影響を的確に見抜いて行動するってのも、なかなか難しいんでしょうなあ…

無題
Name 名無し 14/03/29(土)23:27:43  No.1064139
>後から見るともう少しどうにかならなかったのかなあ
英国は同盟切った裏切り者、米国は帝国海軍の(建前上の)不倶戴天の敵ですからなぁ。
チェンバレンは日英同盟復活を打診したという話もありますが。
日本の悪手も凄まじいがやはり根本は米国が引っ掻き回した感が拭えない・・・・。
その裏はソ連かもしれませんが。

無題
Name 名無し 14/03/29(土)23:54:39  No.1064146
>>日本人のファジーな国民性ですよね。
>支那事変を宣戦布告して正式な戦争にするかどうか、ってのは結構当時の日本で真剣に検討された事案だったんですよ
まあファジーでもなければ、国民性ゆえ日本にだけ見られた特異な解釈ってわけでもないでしょうな。
ルーズベルトが国際法上の正式な戦争に至らぬようとられた日伊の実力行使を見て
「見習いたいものだgff」的なことを言ったなんてエピソードがありますが
実際に米が一般国際法上の中立義務を無視して英支援を行い
あげく英船団護衛のため独潜水艦と交戦したりしてる所を見るとあり得なくはないかなあと…

無題
Name 名無し 14/03/30(日)00:03:01  No.1064148
>中立義務を無視して英支援を行い
この寸前まで英米間も相当な不信感に包まれていたはずなのに
こちらから見るとあっさり組む事になった事が今でもよくわかりません。

無題
Name 名無し 14/03/30(日)00:12:26  No.1064151
>英米間も相当な不信感
確かに天津問題なんかでも英の態度にイラッとしてますね。
日米通商航海条約破棄にはそんな英への牽制の意味も含まれてるなんて言われてますし。


引用元:http://cgi.2chan.net/f/res/1063511.htm



軍国日本の興亡―日清戦争から日中戦争へ (中公新書)
猪木 正道
中央公論社
売り上げランキング: 182,878