アクセスランキング

軍事系まとめブログ

軍事・防衛ネタを中心としたおーぷん2ちゃんねる、ふたばちゃんねる等のまとめブログです。 政治的議論に深入りせず知識欲を満足させるようなブログを目指します。

    【読者投稿記事】オーストラリアの潜水艦事情

    文:タナカ

    Tony Abbott pledges open tender for submarines to win over SA Liberals
    http://www.theguardian.com/australia-news/2015/feb/08/tony-abbott-pledges-open-tender-for-submarines-to-win-over-sa-liberals

     個人的に興味があって追求している「オーストラリアの潜水艦事情」に関する話題を提供させていただきます。

    【【読者投稿記事】オーストラリアの潜水艦事情】の続きを読む

    DSCN0543
    <管理人より>
    12月28日~30日に東京ビッグサイトでコミックマーケット87が行われました。

    初日にミリタリーのジャンルがありましたので行ってきました。
    管理人の趣味に偏っていますが、購入した同人誌の紹介をしたいと思います。

    【【C87】コミックマーケット ミリタリー同人誌紹介】の続きを読む

    Name 名無し 14/08/16(土)12:19:15  No.336719

    海上護衛戦 (角川文庫)  

    日本は15日、69回目の終戦記念日を迎えた。日中戦争や太平洋戦争で亡くなった軍人・軍属は、政府見解によると約230万人。その内訳は不明確な点が多く、「6割が餓死した」との学説もある。兵站(へいたん)を軽視した無謀な作戦がこうした惨劇を招いたとして、昭和史の著作が多い作家の半藤一利氏(84)は「軍の指導者たちは無責任と愚劣さで、兵士たちを死に追いやった」と指弾している。

     総務省、厚生労働省などによると、1937~45年の戦没者230万人を戦死、病死などの死因別に分類した公的な記録は存在していない。終戦前後の混乱時に多くの資料が失われたことや、敗戦で記録を残すのが難しかったことなどが影響している。

     歴史学者の故・藤原彰氏(一橋大名誉教授)は旧厚生省援護局作成の地域別戦没者(1964年発表)を基礎データに独自の分析を試みた。著書の「餓死した英霊たち」(青木書店)で、全戦没者の60%強、140万人前後が戦病死者だったと試算。さらに「そのほとんどが餓死者ということになる」と結論づけた。

     個別の戦闘ではある程度のデータが残っている。「戦史叢書」(防衛庁防衛研修所戦史室編さん)によると、「ガダルカナル島の戦い」(1942年8月~43年2月)では、日本陸軍3万1000人のうち約2万人が戦没。その約75%、約1万5000人が栄養失調症、マラリア、下痢、かっけなどによる死者だったという。


     そうした日本軍兵士の生死を左右したのは「生きて虜囚の辱(はずかしめ)を受けず」の一節で知られる「戦陣訓」だった。太平洋戦争開戦前の1941年1月に東条英機陸相(当時、後に首相)が全軍に示達し、降伏は不名誉なこととされた。


      勝利か、しからずんば死か--。「皇軍」の兵士たちは文字通り、そうした状況に追い込まれた。戦死を免れても、補給を断たれてしまっては餓死するしかない。大本営参謀らのエリート軍人について、半藤氏は「緒戦の勝利におごり、自己の実力を省みず、攻勢の限界線をはるかに越えた」と戦略上の失敗を指摘したうえで、「人間をまるで、将棋の駒のように扱った」と批判している。

    http://mainichi.jp/feature/news/20140815mog00m040005000c.html

    【戦没者230万人:6割「餓死」の学説も 無謀な作戦が惨劇招く】の続きを読む

    ■ブログについて
    当ブログにお越しいただきありがとうございます。
    管理人の趣味である軍事ネタを中心に2ちゃんねる、ふたばちゃんねる等のスレをまとめています。


    ブログ名: 軍事系まとめブログ
    URL:  http://gunji.blog.jp/
    RSS:  http://gunji.blog.jp/index.rdf



    知識を深めたいという目的もありますので、記事内容に間違いや補足等があればお気軽にコメントを書き込んで頂ければ幸いです。

    ■相互リンク、相互RSS、広告募集中です。
    ご連絡はトップページの「コンタクト」のフォームからお願いいたします。

    ■著作権等について
    当ブログの記事はおーぷん2ちゃんねる、ふたばちゃんねる等からの引用となっております。掲載している動画及び画像の著作権または肖像権等は、各権利所有者に帰属いたします。

    掲載内容や画像に問題がある場合、権利者様はトップページの「コンタクト」からご連絡をお願いいたします。削除、訂正させて頂きます。

    このページのトップヘ