アクセスランキング

軍事系まとめブログ

軍事・防衛ネタを中心としたおーぷん2ちゃんねる、ふたばちゃんねる等のまとめブログです。 政治的議論に深入りせず知識欲を満足させるようなブログを目指します。

    Name 名無し 18/01/21(日)10:31:27  No.1234441

    徴兵制 (岩波新書 黄版 143)

    徴兵制復活へ 仏大統領表明 18~21歳の男女対象
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180120/k10011295281000.html(リンク切れ)

    <参考>
    http://www.huffingtonpost.jp/2018/01/19/france-conscription_a_23338530/
    【徴兵制復活へ フランスのマクロン大統領表明 18~21歳の男女対象】の続きを読む

    無題 Name 名無し 18/01/21(日)12:54:54  No.1234457

    F-35ライトニングII 最新版 (世界の名機シリーズ)
    戦闘機部隊を大幅増強 12→14個、宮崎にF35B有力 防衛省検討
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180121-00000002-san-pol

    スクランブルに忙しくて訓練に支障が出てるらしいから
    空自の戦闘機が増えるのはいい事だと思うけど
    B型をマジで買うのかな?
    【空自、戦闘機部隊を大幅増強 防衛省検討】の続きを読む

    『イラン空軍のF-14トムキャット飛行隊』
    大日本絵画
    Tom Cooper (原著)、Farzad Bishop (原著)、 平田 光夫 (翻訳)

    イラン空軍のF-14トムキャット飛行隊 (オスプレイエアコンバットシリーズスペシャルエディション)

    文:誤字 様

     
    米海軍の可変翼戦闘機F-14トムキャットはその独特なフォルムから某映画の主役機になったり某アニメの変形ロボのモデルとなったりと大変人気のある戦闘機ですが、複雑な可変翼と艦隊防空戦闘機というその特徴から採用国はわずか二カ国に限られます。

     一つは開発国であるアメリカ海軍、そしてもう一つが今回紹介する本の主役、現在も現役の『イラン空軍のF-14トムキャット飛行隊』です。

     これまでイラン空軍のF-14については導入直後に生じたイランイスラム革命とそれに続くイラン・イラク戦争の混乱により限られた情報しか伝わっておらず、西側メディアで得られる話はほとんどがその活躍を否定するものでした。

     しかしながら本書の著者は「現役及び退役イラン軍F-14パイロットとRIO(レーダー迎撃士官)、そして元イラク空軍士官たちへの徹底的なインタビュー」によりこれまで伝えられたことが「真実というよりも想像の産物」であり、イラン空軍のF-14が本家米軍に勝るも劣らぬ驚くべき戦歴をあげたことを明らかにしています。

    【【書評・紹介】ペルシャ猫の隠された大戦果『イラン空軍のF-14トムキャット飛行隊』】の続きを読む

    このページのトップヘ