アクセスランキング

軍事系まとめブログ

軍事・防衛ネタを中心としたおーぷん2ちゃんねる、ふたばちゃんねる等のまとめブログです。 政治的議論に深入りせず知識欲を満足させるようなブログを目指します。

    Name 名無し 16/08/10(水)23:00:35  No.1183977

    1470837635537
    最新のステルス戦闘機「F-35」では、ステルス能力が高すぎて訓練時に問題となっているという。
    先日行われたF-35の初期段階の運用能力試験通過に関する会見で明らかにされたもの。F-35による飛行隊が地上からの攻撃に対する回避訓練を行ったそうなのだが、F-35のステルス能力によって地対空兵器が機能せず訓練にならなかったという。
    そのため位置特定のためのトランスポンダのスイッチを入れ、わざと見えるようにして訓練を行ったという。
    http://www.airforcetimes.com/story/military/2016/07/31/f-35-so-stealthy-produced-training-challenges-pilot-says/87760454/?from=global&sessionKey=&autologin=
    【最新ステルス戦闘機「F-35」、ステルス能力が高すぎて訓練で困る】の続きを読む

    無題 Name 名無し 14/03/24(月)22:21:54  No.1063511
     
    古本屋で立ち読み程度に読んだが
    帝国海軍が保守的すぎて勝負どころで勝負せず無駄に戦力を潰されたみたいなことを書かれ
    逆に帝国陸軍は次々と敵を倒し破竹の勢いで勝利してたが海軍が負けまくり南方の補給や資源が運べなくなり陸軍および日本は惨敗したと書いてあったが
    勝てないまでも惨敗までの結果は帝国海軍なの?

    【【再掲】大東亜戦争「敗因」の検証】の続きを読む

    日本海軍、地中海を往く 第8回 松と榊の初交戦

    文:nona

     トランシルヴァニアと共にマルセイユを出港した翌日の5月4日、この日の空は曇り模様、さらに北からの強風とジグザグ航法によって、松と榊の艦橋は常に飛沫にさらされていました。[1-1]

     部隊の付近には、帆船が1隻ほど見られた以外特に周囲に変化はなく、[1-2]雨具を着ていた片岡中尉も、波の先が霧のようにふりかかり塩辛いに耐え切れず、とうとう後部哨戒長を一休み。士官室の長椅子で横になっていました。(後部哨戒長の職は、正式な役職ではなく、ただのあだ名のようです)[1-1]

     そして中尉がうとうとしていると、突然上甲板で戦闘ラッパが鳴り響き、緊張した号令がかかります。[2-1]同時に機関が増速を始め、振動も一層強まりました。片岡中尉は飛び起きて上甲板に上がると、女性達の乗ったボートが一艘、水沫に中を漂っているのを目撃します。[1-1]

     このときトランシルヴァニアは、サヴォナ沖に差し掛かった時に1発の魚雷を受けていたのです。時刻は午前10時20分。魚雷を放ったのは、ドイツ海軍の潜水艦U-63。[2-1]

    1
    https://en.wikipedia.org/wiki/Otto_Schultze
    U-63当時の艦長、オットー・シュルツ(1884~1966)

    【【読者投稿】日本海軍、地中海を往く 第8回 松と榊の初交戦】の続きを読む

    Name 名無し 16/08/05(金)21:35:03  No.1182999

    次期政府専用機の777-300ER、初飛行を完了 2度目の飛行も実施へ
    http://flyteam.jp/airline/japan-air-self-defense-force/news/article/67038
    【次期政府専用機の777-300ER、初飛行を完了 2度目の飛行も実施へ】の続きを読む

    日本海軍、地中海を往く 第7回 欧州大陸の大地を踏む

    文:nona

    1
    Bibliothèque nationale de France Photographies de presse de l’Agence Rol ‒ Réf. 49.545, 49.547 et 49.548
    Marseille – Torpilleurs japonais dans le Vieux-Port (1917)
    マルセイユに入港した第二特務艦隊の駆逐艦

     出港が遅れ、救助には間に合わず、帰路では時化に巻き込まれ、翌日には迷子の憂き目にあった松と榊。4月17日の帰還後に、時化で損傷した個所の修理にボイラーの整備、遅れていた爆雷の装備を済ませる傍ら、状態の乗員達に久々の休暇が許されています。[1-1]

     さらに4月19日にはマルタ総督夫妻の招きで「アットホーム」会なる士官の親睦会が開催され、片岡中尉もこれに参加しています。[2-1]ちなみに、この日は雨天であったようですが、マルタの雨が珍しいものであると片岡中尉が気づくのは、後々になってからのことでした。[1-1]

     「アットホーム」会では総督とその夫人の他、楽団やイギリスの士官たち、さらに赤十字を付けた従軍看護婦たちも招待されていましたが、言葉の壁か、マナーとエチケットの壁か、両者互いに打ち解けられず、「アットホーム」とは程遠い雰囲気であったそうです。[1-1]

     アイスや菓子やらをつまでいた片岡中尉も、申し訳なく思う一方で、早く終わらないだろうか、と時計の針を見つめていた程です。[1-1]

    【【読者投稿】日本海軍、地中海を往く 第7回 欧州大陸の大地を踏む】の続きを読む

    chirashi
    C90で配布した当ブログの宣伝ペーパー(表)のイラスト

     8月14日に行われましたコミックマーケット90 3日目に参加しましたので、入手した同人誌を紹介いたします。
     
     今回は一般参加ではなく、サークル烈風天駆様のご好意によりサークル参加をさせて頂くことができましたので上画像を印刷したペーパーを配布いたしました。
    【【C90】コミックマーケット ミリタリー同人誌紹介【戦果報告】】の続きを読む

    このページのトップヘ