アクセスランキング

軍事系まとめブログ

軍事・防衛ネタを中心としたおーぷん2ちゃんねる、ふたばちゃんねる等のまとめブログです。 政治的議論に深入りせず知識欲を満足させるようなブログを目指します。

    第63回 館山航空基地の今昔
    海上自衛隊編

    文:nona

     後編では自衛隊基地内のSH-60Kハンガー、管制塔、厚生センターのレポートとなります。ンターのレポートとなります。

    image1

    【【読者投稿】第63回 館山航空基地の今昔 海上自衛隊編】の続きを読む

    第62回 館山航空基地の今昔
    戦争遺構と旧海軍編

    文:nona

     今回は千葉県館山市にある旧海軍時代の戦争遺構、そして海上自衛隊館山航空基地にお邪魔しました。

    image1

    【【読者投稿】第62回 館山航空基地の今昔 戦争遺構と旧海軍編】の続きを読む

    第61回 連載「フォークランド紛争小咄」パート24
    敵防空網を制圧せよ!ブラックバック作戦再び  後編

    文:nona

     5月31日の攻撃では破壊できなかったスタンレーの防空網により大きなダメージを与えるため、6月3日に第6次ブラック作戦が実施されました。しかし帰路で給油装置が故障、バルカンの乗員たちは、残されたわずかな燃料で中立国のブラジルを目指しました。

    1
    (引用元)http://www.afwing.com/war-history/operation-black-buck_3.html

    リオデジャネイロに着陸したバルカン爆撃機

    【【読者投稿】第61回 連載「フォークランド紛争小咄」パート24 敵防空網を制圧せよ!ブラックバック作戦再び 後編】の続きを読む

    第60回 連載「フォークランド紛争小咄」パート24
    敵防空網を制圧せよ!ブラックバック作戦再び  前編

    文:nona

     イギリス軍地上部隊がスタンレーへ迫る中、ブラックバック作戦も1か月ぶりに再開されました。その任務は滑走路の爆撃から防空網制圧に変更されたものの、目的がアルゼンチン軍防衛体制の切り崩しにあることは一貫していました。

    1
    (引用元)http://kplanes.tumblr.com/post/109539416920/k-planes-episode-50-the-falklands-war
    バルカンに装着されたAGM-45Aシュライク対レーダーミサイル

    【【読者投稿】第60回 連載「フォークランド紛争小咄」パート24 敵防空網を制圧せよ!ブラックバック作戦再び 前編】の続きを読む

    第59回 連載「フォークランド紛争小咄」パート23
    標的となったイギリス揚陸艦  後編

    文:nona

     先行したダガー戦闘攻撃機部隊のおかげで、迎撃をうけずにフィッツロイへ到達した5機のA-4。対するフィッツロイのイギリス軍は、折からの通信の不通で空襲警報が達しておらず、突然のA-4の襲撃に有効な対処ができませんでした。

    image001
    (引用元)http://www.itv.com/news/2013-04-10/falklands-conflict-units-to-play-role-in-thatcher-funeral/

    手漕ぎの救難艇でサーガラハドから脱出した近衛大隊の兵士

    【【読者投稿】第59回 連載「フォークランド紛争小咄」パート23 標的となったイギリス揚陸艦 後編】の続きを読む

    第58回 連載「フォークランド紛争小咄」パート23
    標的となったイギリス揚陸艦  前編

    文:nona

     1982年6月8日、イギリス軍はスタンレー攻略を有利に進めるべく、フィッツロイ・ブラフコーブに新たな橋頭堡を築きつつありました。これにアルゼンチン軍はイギリス軍の上陸を阻止すべく、同紛争で最後の組織的な対艦航空攻撃で対抗します。

    image001
    (引用元)http://www.iwm.org.uk/collections/item/object/205129472
    フィッツロイに停泊する揚陸艦

    【【読者投稿】第58回 連載「フォークランド紛争小咄」パート23 標的となったイギリス揚陸艦 前編】の続きを読む

    第57回 連載「フォークランド紛争小咄」パート22
    泥炭の荒野を踏破せよ 後編

    文:nona

     SASがケント山を奪取し、第3空挺大隊と海兵コマンド大隊がアルゼンチン軍に迫る中、グースグリーンを制圧したばかりの第2空挺大隊もスタンレー攻略に加わるべく「ブラボーノベンバー」で東を目指しました。

    image001
    (引用元)http://www.zona-militar.com/foros/threads/im%C3%A1genes-del-conflicto-de-malvinas-fotos.258/page-1196

    【【読者投稿】第57回 連載「フォークランド紛争小咄」パート22 泥炭の荒野を踏破せよ 後編】の続きを読む

    第56回 連載「フォークランド紛争小咄」パート22
    泥炭の荒野を踏破せよ 前編

    文:nona

     フォークランドへの上陸以来、島都スタンレーへの前進のタイミングを伺っていたイギリス軍。その最大の障害がフォークランドの泥炭地でした。

    image001
    http://www.zona-militar.com/foros/threads/im%C3%A1genes-del-conflicto-de-malvinas-fotos.258/page-1196

    フォークランドの荒野を前進する兵士達。

    【【読者投稿】第56回 連載「フォークランド紛争小咄」パート22 泥炭の荒野を踏破せよ 前編】の続きを読む

    第55回 連載「フォークランド紛争小咄」パート21
    大隊長、誤算続きの地峡戦 後編

    文:nona

     夜が明け戦線が膠着し、計画が遅々として進まないことに苛立ったジョーンズ大隊長。彼の思考は独断的になり、ついにはA中隊に突撃を命令します。[1-1]


    image001
    http://www.britishempire.co.uk/forces/armycampaigns/southamerica/falklands/parasgoosegreen.htm
    グースグリーンを目前に、塹壕に篭もってハリアーの空襲を待つ兵士。

    【【読者投稿】第55回 連載「フォークランド紛争小咄」パート21 大隊長、誤算続きの地峡戦 後編】の続きを読む

    第54回 連載「フォークランド紛争小咄」パート21
    大隊長、誤算続きの地峡戦 中編

    文:nona

     ついに第二空挺大隊が前進を開始。フリゲート艦のアローから照明弾、地上からは105mm榴弾砲による支援をうけ、兵士達の準備も万全。大隊長は作戦通りに上手くいくと思えたものの…

    image002
    https://en.wikipedia.org/wiki/Battle_of_Goose_Green

    作戦開始時の各中隊の位置。

    【【読者投稿】第54回 連載「フォークランド紛争小咄」パート21 大隊長、誤算続きの地峡戦 中編】の続きを読む

    このページのトップヘ