アクセスランキング

軍事系まとめブログ

軍事・防衛ネタを中心としたおーぷん2ちゃんねる、ふたばちゃんねる等のまとめブログです。 政治的議論に深入りせず知識欲を満足させるようなブログを目指します。

    第65回 連載「フォークランド紛争小咄」パート25
    決戦前夜の島都スタンレー  後編

    文:nona

     1982年6月9日、イギリス軍のムーア少将は作戦を6月11日夜までの延期を決定。この間イギリス軍は急ピッチで砲弾を輸送し、この間にもハリアー戦闘機がスタンレーのアルゼンチン軍に対する偵察と爆撃を行っています。しかし、アルゼンチン軍は実力をもって抵抗の意志を示し、また地雷原構築にも余念がありませんでした。

    1
    (引用元)http://www.zona-militar.com/foros/threads/im%C3%A1genes-del-conflicto-de-malvinas-fotos.258/page-1228

     5月30日のケント山への砲兵ヘリボーン以来、イギリス軍は総力を上げて砲弾の輸送を継続。6月9日には総勢30機ほどのヘリコプターが1日15回の輸送任務に従事し、フィッツロイに残された砲弾の移送が実施されました。シーキングの場合で、最大3tもの砲弾パレットを吊り下げたまのピストン輸送をしています。[1-1]

     ただし、フォークランド島はフューリアス・フィフティーズ (狂う50度)と呼ばれる猛烈な気流の中にあり、5月の時点で月に20日は風速20mの風も吹くほどの荒れた天気が続いていました。連日の輸送任務は大変な危険を伴っていましたが、幸いにフォークランドのアルゼンチン軍機はあらかた行動不能になっており、輸送中に狙われることはありませんでした。[1-1][2-1]

    【【読者投稿】第65回 連載「フォークランド紛争小咄」パート25 決戦前夜の島都スタンレー 後編】の続きを読む

    第64回 連載「フォークランド紛争小咄」パート25
    決戦前夜の島都スタンレー  前編

    文:nona

     1982年6月の第2週、島都スタンレーまで20kmまで迫ったイギリス軍に対し、アルゼンチン軍は高地帯に防衛線を張り、イギリス軍の阻止に成功。しかしイギリス軍の停滞が一時的なものは明らかで、両軍ともに決戦準備に追われていました。

    1
    (引用元)http://www.zona-militar.com/foros/threads/im%C3%A1genes-del-conflicto-de-malvinas-fotos.258/page-1204
    公園内の遊具に設置されたロケットポッド。

    【【読者投稿】第64回 連載「フォークランド紛争小咄」パート25 決戦前夜の島都スタンレー 前編】の続きを読む

    無題 Name 名無し 15/07/25(土)20:09:35  No.1126687
    技本が潜水艦用の対空攻撃システムについて調査を始めたみたいだけど
    実際潜水艦による対空攻撃ってどこまで有効なものなんだろう

    潜水艦用対空攻撃システムの構成要素に関する動向調査

    http://www.mod.go.jp/trdi/data/info/ny_kenkyu_kantei/pdf/koukoku/039.pdf
    【潜水艦による対空攻撃ってどこまで有効なものなんだろう】の続きを読む

    無題 Name 名無し 14/06/28(土)16:43:27  No.1074805
    1403941407285
    こいつってどんな評判だったの?
    25ミリは長所短所ともに評価を聞くけど
    大口径砲は意外と話題にならないね

    ほか旧陸海軍の対空火器スレ
    【帝国陸海軍の対空火器と駆逐艦の装甲】の続きを読む

    無題 Name 名無し 16/04/19(火)07:45:29  No.1165003

    最近、欧州やロシアで重IFVが開発されてるけど日本も89式の重装甲化又は後継(装軌式)の開発しないの、これから紛争地域に派遣されることもあるだろうし…
    【日本は89式の重装甲化又は後継(装軌式)の開発しないの?】の続きを読む

    このページのトップヘ