アクセスランキング

軍事系まとめブログ

軍事・防衛ネタを中心としたおーぷん2ちゃんねる、ふたばちゃんねる等のまとめブログです。 政治的議論に深入りせず知識欲を満足させるようなブログを目指します。

    第51回 連載「フォークランド紛争小咄」パート20
    戦後最大の艦対空戦 前編

    文:nona

     欺瞞と陽動でアルゼンチン軍を牽制し、あっさりとフォークランド上陸に成功したイギリス軍。ところが「いちばん長い日」はまだ始まったばかり。日が昇る頃にはアルゼンチン軍機による熾烈な抵抗が開始されました。

    image001
    https://www.pinterest.com/pin/501307002248423844/

    http://www.foromilitar.com.ar/foro/index.php?threads/combates-aeronavales.325/
    http://www.taringa.net/posts/info/18680542/Un-dia-como-hoy-25-de-mayo-hundiamos-al-HMS-Coventry.html
    http://www.thinkdefence.co.uk/2012/04/the-atlantic-conveyor-falklands30/
    5月21日からの4日間に沈んだ4隻のイギリス艦艇。左上「アーデント」、左下「アンテロープ」、右上「コベントリー」、右下「アトランティックコンベアー」。

    【【読者投稿】第51回 連載「フォークランド紛争小咄」パート20 戦後最大の艦対空戦 前編】の続きを読む

    第50回 イベントレポート
    陸上自衛隊広報センター・スプリングフェア

    文:nona

     今回は輸送防護車が一般展示されるということで、朝霞駐屯地・陸上自衛隊広報センターに参りました。(でも記事の半分は「食」の話)

    image001
    http://www.mod.go.jp/gsdf/eae/prcenter/ibenntojyouhou/image/27Nendo/3/MRAP.gif
    (掲載期間終了によるリンク切れの可能性あり)

    【【読者投稿】第50回 イベントレポート 陸上自衛隊広報センター・スプリングフェア】の続きを読む

    第49回 連載「フォークランド紛争小咄」パート19
    サットン作戦とトルネード作戦 後編

    文:nona

     サンカルロス湾防衛の要所、ファニング岬の確保に成功したイギリス軍は、次々と夜のサンカルロス湾へ侵入します。

    image001
    http://imgur.com/gallery/cWVrv

    イギリス軍の上陸

    【【読者投稿】第49回 連載「フォークランド紛争小咄」パート19 サットン作戦とトルネード作戦 後編】の続きを読む

    第48回 連載「フォークランド紛争小咄」パート19
    サットン作戦とトルネード作戦 中編

    文:nona

     上陸作戦の前夜、SASの一個小隊が陽動作戦を開始。同時刻にはSBS小隊もサンカルロス湾に上陸。ファニング岬の警備隊との戦闘に備えました。

    image001
    http://www.naval-history.net/FxDB01-Milan.JPG

    陽動にミサイルを使用するSAS。

    【【読者投稿】第48回 連載「フォークランド紛争小咄」パート19 サットン作戦とトルネード作戦 中編】の続きを読む

    第47回 連載「フォークランド紛争小咄」パート19
    サットン作戦とトルネード作戦 前編

    文:nona

     1982年5月21日、ついにイギリス軍の上陸作戦が開始されます。コードネームはサットン作戦。しかしアルゼンチン守備隊は約1万人名に対し、英軍の上陸部隊は5500名、午前中までに上陸できるのはさらに少ない3000名。そこでイギリス軍は架空の上陸作戦をでっちあげ、アルゼンチン軍を撹乱。それがトルネード作戦でした。[1-1]

    image001

    上陸作戦直後の各艦と地上部隊の位置
    http://www.rfanostalgia.org/gallery3/index.php/RFA-FALKLANDS-1982/San-Carlos/Sutton

    【【読者投稿】第47回 連載「フォークランド紛争小咄」パート19 サットン作戦とトルネード作戦 前編】の続きを読む

    第46回 イベントレポート
    習志野空挺館(2月13日)&第一空挺団降下始め(1月10日)

    文:nona

     去る2016年2月、千葉県の習志野駐屯地内の空挺館の見学に参りました。本記事の後半からは1月に実施された第1空挺団降下初めも合わせて紹介いたします。

    image001

    【【読者投稿】第46回 イベントレポート 習志野空挺館(2月13日)&第一空挺団降下始め(1月10日)】の続きを読む

    第45回 連載「フォークランド紛争小咄」パート18
    フォークランド紛争に学ぶイギリスの戦争報道・後編

    文:nona

     フォークランド紛争中、イギリス政府が期待した「民間マスメディアの良識ある報道」、ですが現実には政府の意に沿わないメディアもありました。戦争煽る礼賛するサン紙に、逆に中立報道が過ぎるBBC。両メディアとも自らの報「道」を貫くあまり、競合他紙、あるいは政府から問題視されたのです。

    image001
    http://c0.thejournal.ie/media/2012/12/falklands-war-rte-bbc-310x415.jpg

    紛争中に本土でサン紙を読む男性

    【【読者投稿】第45回 連載「フォークランド紛争小咄」パート18 フォークランド紛争に学ぶイギリスの戦争報道・後編】の続きを読む

    第44回 連載「フォークランド紛争小咄」パート18
    フォークランド紛争に学ぶイギリスの戦争報道・前編

    文:nona

     次回パート19ではフォークランド紛争の転換期である「サンカルロス上陸作戦」をテーマとなる予定ですが、その前にパート18前後編では、イギリス本国の「奇妙な」戦争報道の様相を紹介いたします。

    image001
    http://www.dailymail.co.uk/news/article-1340166/I-counted-I-counted-BBC-reporter-Brian-Hanrahan-dies-aged-61.html

    フォークランドに降り立つハンラハン記者(1949-2010)。サッチャー首相は彼を「優秀な記者」と評している。[7-1]

    【【読者投稿】第44回 連載「フォークランド紛争小咄」パート18 フォークランド紛争に学ぶイギリスの戦争報道・前編】の続きを読む

    このページのトップヘ