アクセスランキング

軍事系まとめブログ

軍事・防衛ネタを中心としたおーぷん2ちゃんねる、ふたばちゃんねる等のまとめブログです。 政治的議論に深入りせず知識欲を満足させるようなブログを目指します。

    無題 Name 名無し 15/11/24(火)21:19:22  No.1142779 

    萩原 分別回収袋(金属)名入り 105SGR

    昭和16年に公布された金属類回収令ですが、この回収した金属で何を作ったというのがイマイチわかりません
    家庭で出されたような金属でまともな金属ができあがるわけでもなくどういう部分で再利用されていたのか大変気になります。
    もし存じている方がいらっしゃいましたらどなたかご教示願います。
    【【再掲】金属供出で集められた金属の用途は?】の続きを読む

    無題 Name 名無し 16/09/16(金)20:37:14 No.1188440
    英戦闘機が10月に日本を訪問、自衛隊と共同訓練
    https://www.gov.uk/government/world-location-news/announcement-raf-typhoon-aircraft-to-visit-japan.ja
    【英戦闘機が10月に日本を訪問、自衛隊と共同訓練】の続きを読む

    無題 Name 名無し 16/09/20(火)20:05:51  No.1188948

    ウェポン・フロントライン 海上自衛隊 イージス 日本を護る最強の盾

    艦対空ミサイルのアクティブレーダーホーミング化が空対空と比べて遅れてるのは何故なの?
    【艦対空ミサイルのアクティブレーダーホーミング化が空対空と比べて遅れてるのは何故なの?】の続きを読む

    日本海軍、地中海を往く 第21回 帰港は天覧の舞台

    文:nona

     7隻の戦利潜水艦がポートランドとポーツマスで修理の途中に遭った1918年2月3日、この機会に第二特務艦隊司令部はダンケルク港へ上陸し、自動車にてフランスとベルギーの戦場跡を視察、大戦の傷跡を目撃しています。

    image001
    日本海軍地中海遠征秘録 P82
    ベルギー・イープル戦場後を視察する佐藤司令と第二特務艦隊司令部

    【【読者投稿】日本海軍、地中海を往く 第21回 帰港は天覧の舞台】の続きを読む

    日本海軍、地中海を往く 第20回 最後の大仕事

    文:nona

    image001
    艦艇学入門 潜水艦P203
    ドイツ海軍潜水艦UB125改め、日本海軍第○六号潜水艦。

     潜水艦の回航は、第二特務艦隊にとっては本来の仕事ではありませんが、幸いなことに潜水艇の搭乗経験のある士官がいたことで、彼らを臨時に潜水艦の指揮官として、回航にあたらせることになりました。

    【【読者投稿】日本海軍、地中海を往く 第20回 最後の大仕事】の続きを読む

    日本海軍、地中海を往く 第19回 休戦成る

    文:nona

    image001
    http://www.bbc.co.uk/schools/0/ww1/25403869

    戦争の終結を告げるイギリスのデイリー・ミラー紙

     第二特務艦隊の36回目にして最後の戦闘は、1918年11月2日午前10時に発生しました。[1-1]

    【【読者投稿】日本海軍、地中海を往く 第19回 休戦成る】の続きを読む

    【軍事講座】戦艦扶桑の「常在戦場」

    文:加賀谷康介(サークル:烈風天駆)



    ○「はぁ……、空はあんなに青いのに……」

     
    なんだか空耳が聞こえてくる今日この頃ですが、本日は戦艦「扶桑」の話です。
     「扶桑」と言えば浮かぶ違法建築、海外でも何故だか大人気の日本戦艦ですが、スリガオ海峡で駆逐艦相手に瞬殺されたこともあり、武勲の面で評価されることはまずありません。何となく幸薄い艦、という印象は大多数の人に共通のものではないでしょうか。

     「武勲に恵まれなかったほうでしょうな」
     「扶桑」の元艦長(鶴岡信道・元海軍少将。昭和18年6月~19年2月まで艦長)もそう言っていますから、武勲がないのは否定のしようがありません。
     ですがこれは、「扶桑」の功績は武勲の有無だけで決まるもんじゃないよ、というお話です。

    【【軍事講座】戦艦扶桑の「常在戦場」】の続きを読む

    このページのトップヘ