アクセスランキング

軍事系まとめブログ

軍事・防衛ネタを中心としたおーぷん2ちゃんねる、ふたばちゃんねる等のまとめブログです。 政治的議論に深入りせず知識欲を満足させるようなブログを目指します。

    空自の日本防空史49
    真実をめぐる駆け引き


    文:nona


    49
    航空自衛隊五十年史(航空自衛隊50年史編さん委員会編 防衛庁航空幕僚監部発行 2006年3月)
    より、防衛庁が公開したKE007便の航跡とそれを追跡する3つの航跡。

    【真実をめぐる駆け引き(空自の日本防空史49)【読者投稿】】の続きを読む

    空自の日本防空史48
    目標は撃墜された


    文:nona


    48
    KE007便が撃墜されるまでにたどったとされるコース
    https://en.wikipedia.org/wiki/Korean_Air_Lines_Flight_007#/media/File:KA_Flight_007.gif

    【目標は撃墜された(空自の日本防空史48)【読者投稿】】の続きを読む

    ボクサー8×8ミッションモジュール Name 名無し 18/10/08(月)19:38:10  No.1256685
    ドイツレベル 1/72 GTK ボクサー FuFz A1 プラモデル

    ボクサーは、ドイツ- オランダの多目的装甲装甲戦闘用車両であり、設置可能なミッションモジュールを使用して多数の操作を行うように設計されています。
    ミッションモジュールは4点で取り付けられ、フィールド条件で1時間以内に交換することができます。
    https://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=en&u=https://militaryleak.com/2017/11/09/boxer-8x8-mission-module-change/&prev=search
    Boxer 8x8 mission module change out
    https://www.youtube.com/watch?v=mn_WblYc4xk
    【ボクサー8×8ミッションモジュール】の続きを読む

    無題 Name 名無し 18/10/01(月)23:27:02  No.1255830

    タミヤ 1/48 傑作機シリーズ No.52 ドイツ空軍 V-1 フィーゼラFi103 プラモデル 61052
    ステルス機他新兵器の価格が順調に上昇していく昨今、逆に安物兵器での飽和攻撃が有効になりはしないか?

    例えば離島防衛の対艦隊戦闘で現代版V-1を使っての威力偵察、電子戦、飽和攻撃なんかで敵を消耗させた上での本命の対艦番長を補佐する欺瞞まで・・・・・
    ムムム、民生品流用や量産効果で1機200万だとしても、1億でたった50機。開発費とリソース、投射装置や部隊の整備運用まで考えると、安くない飽和攻撃って気も・・・・・

    ↑のV-1妄想をしている最中に↓の記事を見てワロタ

    2万円の市販ドローン、4億円のパトリオットで撃墜
    https://www.cnn.co.jp/fringe/35098336.html

    真偽はともかく、コスパは激烈に良いお話。
    【ステルス機他新兵器の価格が順調に上昇していく昨今、逆に安物兵器での飽和攻撃が有効になりはしないか?】の続きを読む

    空自の日本防空史46
    大韓航空007便撃墜事件


    文:nona


    46
    撃墜された大韓航空機007便と同型の旅客機ボーイング747
    http://commons.wikimedia.org/wiki/File:Boeing_747-2B5B,_Korean_Air_Lines_AN0600191.jpg#mediaviewer/File:Boeing_747-2B5B,_Korean_Air_Lines_AN0600191.jpg

    【大韓航空007便撃墜事件(空自の日本防空史46)【読者投稿】】の続きを読む

    米機動部隊の“神の盾”~日本航空部隊の黄昏

    文:烈風改



    Philippine_Sea,_19_June_1944_(80-G-366983)
    wikipedia パブリックドメイン

    ■航空攻撃威力の減衰

     昭和17年のミッドウェー海戦や南太平洋海戦では日本側攻撃隊は被害も多いのですが一定の戦果を上げており、米正規空母の撃沈へと繋がっています。しかし昭和18年以降、対機動部隊戦闘の様相は全く異なる局面へと転化してゆきました。

    【米機動部隊の“神の盾”~日本航空部隊の黄昏【軍事講座】】の続きを読む

    2018年陸上装備研究所一般公開見学レポート

    文・写真:海猫



     2018年陸上装備研究所において一般公開行われ、またトークショーやその他新しい催しにより昨年以上により多くの来場者数があったようです。
     今回はそのもようをお伝えします。

    【2018年陸上装備研究所一般公開見学レポート【読者投稿】】の続きを読む

    このページのトップヘ